目指すは「ほねつぎ復興」・「赤髭先生」です!
--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.03.16
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
2012.03.03
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
2012.02.21
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
2012.01.27
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
2012.01.15
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
2010.06.07
先日、ほねつぎ実践中山塾生から連絡を頂きました。

顎関節片側脱臼の患者が来院し整復成功したとのことです。

「ほねつぎ」をやってますね。

素晴らしいことですし、嬉しく思います。

整復法はもちろん口外法です。

口外法で分かることは、整復に牽引は必要ないということです。

あとは、

①術者、患者の安定した体勢を整える
②あせらないこと
③自分本位に動かし過ぎないこと
④潤滑を意識すること

これが脱臼の整復に必要だと思います。

まずは整復法を覚えるのではなく、

解剖学的状態を把握することが大切です。

肘内障の整復を例に挙げてもそうです。

あまり肘内障の状態を熟考したお話は聞きませんが

解剖学的に把握すればおのずと整復法が生まれます。

私は①回内法→②回外法の順序で行いますが

先日、ある先生のブログで興味深いことが載っていました

→ 門出正治の治療のソムリエブログ

回内法の方が成功率が高く痛みも少ないとのことです。

当然のことなのですが。。。でもこういう記事を拝見させていただくと益々考えることが

楽しくなってきます。

ほねつぎという仕事はなんて楽しいのでしょうね。

テーマ : 国家資格 柔道整復師

ジャンル : 学校・教育

タグ : 柔整師 整復 中山塾 ほねつぎ 肘内障 顎関節脱臼
2010.03.14
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
2010.03.06
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
2010.02.22
昨日も山へ登ってきました。

息子も友達とボードを楽しみに来ていました。

バレイの常連組の真くんが息子たちにボードを指南してくれました。

バレイ常連組のみんなはお菓子を差し入れてくれたりといつもよくしてくれます。

感謝!!

ボードが楽しくなったようでまた今シーズン来たいといってました。

普段、あまり接する機会がないのでいい一日になりました。

確実に逞しくなっているな~と感じました。

ありがとう!!



救護所はというと、比較的平和ながら外傷は色々とありました。

最後の方はキッカーで着地失敗し肩から落下したらしく

受傷直後は右上肢を動かすことが出来なかったそうだ。

救護所に来られた時には90度までは外転出来るがそれ以降はなんとも不自然な外転・・・

おかしいと思いながら、運動させているとクリックとともに運動不可に。

診てみると、完全脱臼ではないが亜脱臼状態。

整復すると容易に復するのだが、90度を越える肩関節の運動を行うと容易に再亜脱臼する。

バンカート損傷や何らかの整復障害因子の存在を疑い、

整復位にて麦穂帯を若干の制限を加えて処置を終了し医療機関を紹介しました。

一人で車を運転してきているらしく、運転が出来る状態で帰宅していただきました。

前回の整復困難例の患者もそうでしたが、救護所の現場では一人で運転してきている負傷者も

実に多い。

負傷後緊急入院のような例はともかく、そうでない中等度の外傷では何とか

帰宅していただかなくてはならない。そこで色々と思案することが多々あるのです。

とにかく病院からのお返事をお待ちしております。

今日あるところでいい言葉を見つけました。ある有名人のお言葉。。

「 何の根拠もなく自分に自信を持っている人は、本当にいただけない。
   バカとしか言いようがない。
      経験と実績があるのなら、
         過剰な自信にはつながらないはずだもの。」(A・S)



という事で今日はここまでにしたいと思います。

テーマ : 国家資格 柔道整復師

ジャンル : 学校・教育

タグ : 柔整師 脱臼 整復 中山塾 ほねつぎ
2010.01.24
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
震災関連リンク
「東北関東大震災」支援クリック募金
プロフィール

骨じい

Author:骨じい
中山 辰也 44歳
中山予防医学研究所
ほねつぎ実践中山塾主宰
健柔グループ理事

現代の過剰診療に危機感を覚え、「病院へは行かない」・「お薬は飲まない」を実践しています。いたって健康!

セルフメディケーションを目指しています。

極端に言えば、救急医療を除いては、もしかして医療の大部分は必要ないかもしれない!?

そうすれば救急医療が守られるかも。。。

なんて考えている変った柔道整復師です。

冬はスキー場の救護所でケガ人の応急対応を行っています。

現在外傷処置の修業中です。

目指すは「ほねつぎ復興」そして「赤髭」。

気軽にご意見・ご指摘・メッセージいただければうれしく思います。

誹謗・中傷も大歓迎!

ただし正々堂々(実名)で、お待ちしております。

患者さんはhttp://nakayama-sekkotsu.com/をご覧ください。

QRコード
QR
FC2ブックマーク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ全記事表示
リンク


日本最大級の医療専門サイト
ネパールに野球を! 「ラリグラスの会」
FC2カウンター
FC2カウンター~現在~
現在の閲覧者数:
ブログランキング
TREview

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。