目指すは「ほねつぎ復興」・「赤髭先生」です!
--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.05.22
6月の導入編日程が決定しました。

詳細は以下の通りです。

超健康道場は7月23・24日の2日間合宿セミナーを予定しております。

合宿では超健康道場の全てを公開します。

未来(近い将来です!)の医療像がきっとあなたにも見える事でしょう。

超健康道場をまだよく知らない先生には導入編の受講をお勧めいたします。
         (※導入編未受講でも合宿は参加可能です)

前回の日記でも書きましたが、医療人としての今後が変わるはずです。

色々な意味で今の医療に少しでも疑問をお持ちでしたら、

筋肉ドクターにぶつけてみてください(笑)

淡々とブレることなく答えてくれますよ!

そして中山塾の実技編もそろそろ始めますので、

実技編参加希望の方で導入編をまだ受講されていない方は

導入編必ず受講して下さい。

また中山塾も合宿を予定しております。

合宿ではこれから柔整師として医療とどのように関わっていくのかをテーマに

ほねつぎの技術研鑽やテクニックの紹介を行いたいと思います。

なかなか実技編等に時間をとれないという方は、一年分のセミナーを凝縮した

合宿に是非ご参加を!!(中山塾合宿は導入編未参加でも参加可能です)





超健康道場 & ほねつぎ実践中山塾 ~ダブル導入編~

日 時:6月12日(日)
     ①ほねつぎ実践中山塾   10:00~12:00
     ②超健康道場         13:00~15:00

会 場:アイアンクリニック予防医学施設 
     京都市伏見区桃山筒井伊賀西町30-1 (地図
      (近鉄、京阪丹波橋駅、渡り通路横の階段を降りて南へ徒歩1分)

受講費:①中山塾のみ    2000円
     ②超健康道場のみ 4000円
     ③ダブル受講    5000円
     ④再受講 (中山塾500円 / 超健康道場1000円)

申込み:申込みフォームhttp://form.os7.biz/f/eb6df664/








 
スポンサーサイト

テーマ : モノの見方、考え方。

ジャンル : 心と身体

タグ : 筋肉ドクター 柔整師 超健康道場 中山塾
2011.05.16
昨日のダブル導入編・・・・

参加者は20名。。

私の院では手狭な感が有りましたが、賑やかな感じで良かった。。

朝までプレゼンの構成をいじっていたのですが、話し出すとやはり撃沈。

なかなか伝えるって難しいですね。

小島Drの超健康道場導入編は何度聴いても新鮮感があります。

それは、考え方が完全に一貫しているからなんだろうな。

それから、小島Drの御友人である小川Dr・・・

小川Drのお話も一貫されていて、本物の医療を目指しておられます。

聴き入ってしまいました。

ありがとうございました。

6月にも導入編を今度は京都で開きますので

まだ超健康道場を知らない方は是非ご参加ください。

予定??

そんなの後にしたらいいです。

今年のハイライトは7月の合宿。

今年の後半から、そしてあなたの医療人としてのこれからの生き方が

きっと変わります。変えてください!!

それ以上に大事な予定はそんなに無いんじゃないかな?(笑)

医療はただの仕事じゃないですよ。

それでは待ってます。。

テーマ : モノの見方、考え方。

ジャンル : 心と身体

タグ : 小島央 筋肉ドクター アイアンクリニック 中山塾 ほねつぎ 柔道整復師
2011.05.11
いよいよ今週の日曜日、久しぶりの中山塾です。

今回は筋肉ドクターこと小島央医師とのダブル導入編です。

超健康道場ですが、7月には第2回目の合宿が開催される予定です。

超健康道って何?って方は是非導入編から受講して下さい。

中山塾の導入編は内容に進化は見られませんが・・・・(笑)

再受講も大歓迎です。

今、臨床でこんなこと悩んでますのような事もみんなで話し合えたらいいですね。

超健康道場も再受講大歓迎です。

再受講は・・・・

 中山塾 500円(全て義援金に充てさせていただきます)

 超健康道場 1000円

です。タバコ2箱我慢して是非ご参加ください(笑) 。

何度も繰り返し聴く事で疑問や得心が生まれます。

それでは皆さんお待ちしております。

※当日の飛び込み参加も大歓迎です。


日 時 : 5月15日(日)①10:00~12:00  ほねつぎ実践中山塾~導入編~

                ②13:00~17:00  超健康道場~導入編~

場 所 : 中山予防医学研究所
      
      大阪市東成区大今里1-32-22  (千日前線・今里線「今里」駅下車5分)
  
       TEL:06-6971-9669

受講費 : ①ダブル受講 5000円
      
       ②中山塾のみ 2000円
      
       ③超健康道場のみ 4000円

申込み : 申込みフォーム(http://form.os7.biz/f/84fac68c/) からどうぞ

テーマ : モノの見方、考え方。

ジャンル : 心と身体

タグ : 柔整師 ほねつぎ 中山塾 柔道整復師 骨折 脱臼 整復 筋肉ドクター アイアンクリニック
2011.05.09
5月7日・8日は東京にて開催されました、和合医療コンベンションに

出席させていただきました。

いつも思う事ですが、知らない事や知らない世界がた~くさんあるという事。

そして、先ずは受け入れる事の大切さ・・・・。

いつも勉強させていただきます。

そしていつも自分の生きている世界の小さなことを思い知ります。

8日には日本の伝承医療~柔道整復術~というテーマで講演させていただきました。

いつもの如く、噛む・脱線する・・・・とあまり上手く話せませんでした。

しかし、タイガーマスク(佐山サトルさん)にもお会いすることが出来気分上々!

実は骨じい、小学校の頃はプロレスラーになりたかった。

休み時間は決まってプロレスごっこ。。

小4まではミルマスカラス役だったが、小5(タイガーマスクのデビュー当時)からは

タイガーマスクに夢中になった。

卒業文集の「将来は?」のコーナーにも

「リング狭しと大暴れ!」と当時、古館さんの実況決まり文句を書いていたのを思い出した。

教室の机を並べてリングを造り、長縄でロープを張ってプロレスごっこ。

窓ガラスを割ってこっぴどく怒られたな~

佐山さんのご講演も凄く興味深かった。

さすがは修斗の創始者です。強いだけではなく知的!勉強になりました。

念願の2ショット。いや~最高!

   tiger mask

そして閉幕。。。


帰りの車中で急患電話がなりました。

「子供が自転車で転んで手を痛がっているので診てほしい」とのこと

本日から修学旅行らしく、出発時刻に間に合うよう今朝来院して頂き診せて頂きました。

残念ながら「第5中手骨骨幹部骨折」です。

修学旅行へ行けるよう、固定をして送り出しました。

帰宅したらさらに処置をする予定です。

もうひと方、今朝7時半ころに電話がなり「子供が足首を捻ったので診て欲しい」とのこと。

遠方からなので、当院に到着したのは9時半過ぎ。

見せて頂いたところ、骨傷はない。

面圧と膜調整で歩行が可能となったので、終了。

今月末の試合(サッカー)には十分間に合うだろう。

それからは、「日本一暇な接骨院」の本領発揮。。

明日もまた頑張ろう!楽しもう!!

東京でお会いした全ての方々、、ありがとうございました!!

テーマ : モノの見方、考え方。

ジャンル : 心と身体

タグ : 柔整師 中山塾 ほねつぎ 骨折 脱臼 佐山サトル タイガーマスク
2010.08.14
代替療法ホメオパシー利用者、複数死亡例 通常医療拒む

 代替療法ホメオパシーを利用している人の中で、病気が悪化して死亡する例が相次いでいる。通常の医療は末期になるまで受けていなかった。東京では5月、国立市の女性(当時43)が、がんで死亡した。埼玉でも昨年5月、男児(同生後6カ月)が死亡した。女性の遺族らは先月、「憂慮する会」を設立し、ホメオパシー療法家らに真相解明を求めて運動を始めた。
5月16日、東京都東大和市内の病院の集中治療室。女性は、悪性リンパ腫が悪化して人工呼吸器を付け、声も出せない状態だった。親交のあった荒瀬牧彦牧師=めぐみ教会(東大和市)=が見舞うと、手話で3回、「ごめんなさい」と訴えた。ホメオパシーに頼り、前日に救急搬送されたばかり。入院から11日後に死亡した。
 荒瀬牧師は「最後の最後になり、自分の誤りに気づいたのかもしれない」と話す。
 両親によると、女性がホメオパシーを始めたのは3年前。離婚直後で精神的に不安定な時に友人に紹介された。昨春から体調を崩し、全身の痛み、強い肌荒れを訴え始めた。荒瀬牧師は何度も病院受診を勧めた。だが女性は「今までのホメオパシーの努力が無駄になる」と拒み続けたという。
 5月には外出も困難に。激しい胸の痛みに母親(69)が救急車を呼ぼうとすると、「西洋医学はダメ」と最後まで拒んだ。気を失いかけたすきに、母親が救急車を要請。搬送先で、初めて悪性リンパ腫と診断された。
 さいたま市では昨年5月、生後6カ月の男児が体重5千グラム前後の低体重のまま死亡した。両親は助産師の勧めでホメオパシーに傾倒。市によると、病院での男児のアトピー性皮膚炎の治療や予防接種も拒否していたという。
 市児童相談所は、病院の受診拒否などを虐待と判断。保健師の指導で男児が4月に入院した際、両親が連れ戻さないよう病院に要請していた。男児は5月2日に死亡した。
 ホメオパシーでは、病気の症状が重くなっても、自然治癒力が増した証拠の「好転反応」ととらえる。これが患者を病院から遠ざけているとの指摘がある。
 女性や男児の両親が頼った療法家を認定した日本ホメオパシー医学協会は取材に「現代医療を否定してはいない。(女性が死亡した)案件は調査中」と回答した。(長野剛、岡崎明子)



悲しい出来事です。お亡くなりになられた方のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

しかし、私の見解は、記者さんとは少々違うかもしれません。

これはまず、医療や健康に関わる

全ての活動者(医師、コメディカル、民間療法家等)同志の

横連携の希薄さが根本原因の一つ。

この記事の書き方「代替療法ホメオパシーを利用している人」となれば

ホメオパシーそのもので病気が悪化して死亡する例が相次いでいると

とれなくもない。

でも事実を伝えるならそうではないだろう。

ここでの問題点は、病気の交通整理が出来なかったこと。

現代医療においても、あってはならないし、ないことを望んでいるが

多くの事故が発生し、多くの方が命を落としている。

そこでは現代医療の問題点がクローズアップされる。

しかし、このような事件が起こるとあたかも現代医療にかかっていれば

必ず助かったかのような錯覚を起こす記事ばかりが紙面を覆う。

実はこんな事の繰り返しでは、決して現代医療における事故や

代替医療における事故は無くなるどころか減りもしない。

マスコミの報道の仕方にもかなりの問題を感じる。

「受け入れ拒否」問題にしてもそうだ。

現場での「受け入れ不可能」状態を知りもせず

「拒否」の部分をクローズアップすれば即、悪として袋叩きにする。。。

その後の事を考えて熟慮した報道をお願いしたいものだ。

そうでなければ、現場は疲弊し使命感を失ってしまうのだ。



病気の交通整理とは、医療に携わる者が

自分が手を出せるものなのか?

出してはいけないものなのか?

または、他科との連携で手を出せるものなのか?

を判断すること。

特に代替医療に関わるもの全ての義務であり、

そこの能力アップに全力を注がなければならない。

でなければ、現代医療とそれ以外(私たちも含め)は

対峙するばかり。お互いの欠点ばかりを誇張し貶し合い・・・・・

そこに患者の利益はこれっぽっちも存在しない。

本当に全ての医療関係者が患者の利益を優先してこの仕事を全うする気なら

全ての医療関係者が横一線に並び、

患者に利益をもたらす行為(現代医療や民間療法など全て)を

本気で見聞きし、研究すべきだ。

この世に完全は存在しない。

どんな病気や痛みもそれだけで治せるものなどどこにも存在しない。

なのにどうしてお互いの欠点を補い合い、

お互いの優れた部分をもっと生かそうとしないのか?

このままでは医療は崩壊しっぱなしである。

医師不足・・・それだけが医療崩壊ではない

もうすでに別の部分で医療は崩壊していると言っていいだろう。

医療全体がくだらないプライドを捨てて手をつながなければ

このような事は後を絶たないに違いない。

「これはおかしい!」と直感したら

すぐに他科に依頼のできる環境が全ての医療関係者に

システム化されなければならないのだ。

それには医療に携わるものすべてが横一線に並ぶことが本当に重要だ。

ある勉強会で若い柔整師が医師に対しこんな質問をしていた。。

「お中元は何をすればいいのでしょう?」

地位・・・・上下関係・・・・完全に縦割りのこの世界(医療)では

多くの迷える患者が生まれるのだろう。

いつもながらまとまりのない日記だが、悶々とした気持ちを抑えきれずに

走り書きさせていただいた。



明日から2日間お盆休みを頂きます。

頭を空っぽに、家族との休日を楽しもう。。


にほんブログ村 健康ブログ 整骨・接骨へ
にほんブログ村

テーマ : モノの見方、考え方。

ジャンル : 心と身体

タグ : 柔整師 ホメオパシー 代替医療 医療崩壊
2009.12.15
がん検診、中国セレブにPR 観光つき160万円から

なんだこりゃ???

これがホントの医療崩壊かな???

しっかり儲けてくださいな・・・・・

テーマ : 医療・病気・治療

ジャンル : 心と身体

タグ : 医療崩壊 PET
2008.11.16
昨日は若輩者ながら、巻き爪ケアのペディグラスで足の機能解剖の講義をさせていただきました。

ドクター方も私のような未熟者の話を、メモを取りながら一生懸命聞いてくださりました(恐縮)。

終了後の懇親会では遅くまで、貴重なお話をたくさん聞かせていただきました。

このような場を設けていただきました、ぺディグラス創始者・発案者であります小島賢子先生をはじめ

関係者の皆様に深く深く感謝申し上げます。。。ペディグラス



また今日は京都衛生専門学校では認定実技のリハーサルを行いました。

みんなの出来栄えは・・・・?????

あと2週間強、、しっかり調整してください。

普段から一生懸命実技の時間に練習を怠らない生徒は、緊張でハチャメチャになっても、

引き出しがあります。

普段、適当にやってる生徒は、すぐにわかります。

練習は本番さながらに緊張感をしっかり持って!

本番は練習のように、楽に!

あと2週間あれば、必死でやれば間に合います。

しっかりな!!!



認定実技リハ終了後、大急ぎで電車に乗り込み・・・

筋肉ドクターこと、小島 央先生のセミナーに大遅刻ながら参加させていただきました。

今、その帰りです。参加させていただき本当によかった。

筋ドク先生は私の運命の人でもあります。。

その中で、「医療職人」と「医療デザイナー」のお話が非常に印象に残りました。。

その意味はぜひ、筋ドク先生のセミナーに参加して、聞いてください。

私も、もう一度自分を見つめ直さなければと強く感じました。

自分たちが目指すべき目標は、医学のためか?医療のためか?

本当に世のためになるか?

本当に業界のためになるのか?

患者不在のマスターベーションではないか?

たくさん課題をいただきました。。

残念だったのは、参加者が少なかったこと、、、

本当の医療を伝えることは、一般向け、医療人向け、どちらも非常に難しい。。。

少なくとも今日参加していた人たちは、

本当の医療とは何かを真剣に模索している人だと感じました(主観でごめんなさい)。

未熟者は日々努力が必要、、、まだまだ止まっている暇の全くない骨じいさんでした。

一年の4分の一は雪山・・・・

日曜・祝日の完全オフはほぼ無し・・・

子供にも・妻にも・・いやな思い寂しい(?)思いをさせてまで、

いろいろな経験をつませていただきました。。

家族の強い協力を強く強く感じた今日でした。。(涙・・涙・・涙)

みんな泣くのはまだ早い!!

みんな甘いんだ!おれも甘いんだ!!

酔っ払いました。。。

もうそろそろ駅に着くので終わりにします・・・・。

テーマ : 国家資格 柔道整復師

ジャンル : 学校・教育

タグ : 柔整師 骨折 脱臼 京都衛生 ペディグラス 巻き爪 筋ドク アイアンクリニック
2008.10.29
この記事は以前に更新したブログです。
この記事を最近も見ていただいている方が多いので、あらためてアップします。
是非柔道整復師が本来の姿で仕事ができるよう・医療崩壊阻止に貢献できるよう、準備はみなさん整ってますか??


“コンビニ受診”は看護師トリアージ
武蔵野日赤で14の症状別マニュアル作成し実施、「軽症患者」は6~7割 

武蔵野の日赤病院では2003年から救急外来を受診するすべての患者を

看護師がドリアージして効果をあげているそうだ

すごい看護師さんたちですね!!

同院の救急センターは、救命救急センターと救急外来から成り、

1次救急から3次救急までを担っていて、患者は1日当たり約100人
         (2007年度の実績は年間3万7538人、うち3次救急患者は1568人)
1日約20台(同7832台)の救急車の搬送を受け入れている。

トリアージは自ら来院した患者(一部、救急車による搬送患者も含む)を対象に行っている。

「赤」=直ちに診察室に誘導
「黄」=医師に報告(早めに診察してもらえるよう配慮する)
「緑」=様子観察(症状悪化時、申し出るよう指導)

の3段階で実施。

トリアージの結果は、「赤」が1 割未満、「黄」が2~3割、「緑」が6~7割という。

6~7割が「様子観察(経過観察)」であるということは、、

かなりの割合が軽傷患者ということでしょう(程度にバラツキはあるでしょうが)。。

この「緑」の患者の中には、全身状態のいい骨折などはどれくらい含まれているのでしょうjか?

看護師がトリア-ジをして、全身状態の比較的良好な外傷(筋・骨格系)を柔道整復師

ふっていただければ・・・・。

十分応急処置に対応する能力は養っているはずです。

この6~7割の患者中、

何割が骨折患者(もしかしたら「黄」に入っているかもしれませんね)なのでしょう?

ここを何とかできれば、救急外来で奔走している医師の仕事量はかなり減らすことができ、

疲弊した医師たちにも光が見えるのではないのでしょうか?

その救急を担当する柔道整復師はどうやって確保するのか?

まず、柔道整復師の卒後研修制度をきっちりと確立させる。

軽~いノリではなく・・・「卒後研修」を修了しなければ開業は不可!!くらいのものを!!

まず、卒業して国家資格を取得したら、、、2年間は認定研修施設にて研修を積む。

そして、次の1年間は救急医療施設にて、看護師のトリア-ジに従って、

全身状態の良好な運動器外傷を応急処置する。

合計3年間の研修を経て、開業する・・・・といった図式はどうでしょうか?

柔整師の人件費も格安ですよ。私も無給でも行きたいです(言いすぎかな?)!!

細かい数字(年間何名の柔整師が救急医療施設で研修を行えるか?等)などは

全く計算せずの案なので、、、、

けど、これは柔整師にとっても、医療崩壊を防ぐにも絶対必要です!!


最近の若い先生の中には、、「自分たちは保険のきくマッサージ屋」ではなく・・・

外傷処置のプロになりたい!!と夢を持っている者も多いのです。

逆に、そこそこ いい目をしてきた柔整師は、「そんなことしても儲からないよ」  

「外傷なんて、儲からないけどリスクだらけ」って揉み屋に徹しているのです。

私は柔整師でありながら、私の良心は、

患者に「整骨院へは行っちゃだめだよ」って言わせようとしています

骨じいはこよなく柔道整復を愛していますが、あまりにも・・・ひどい・いい加減すぎます。

若いやる気を育てるためにも、、

柔道整復というすぐれた日本の伝統医療を発展させるためにも・・・・

変なプライドや感情を捨てて、協力しようじゃないですか!!!

政治家も医師も看護師も、、み~んなもっと身近にいる力持ちの存在を見てください

知ってください!!

あなたの周りの接骨院の先生の中には、骨を接げる先生がたくさんいるのですよ!!

今日の独り言でした。。。

<今日のお勧め>

意外とみなさん読んでいないのですね~?ご一読お勧めです!!

カパンディ 関節の生理学 (1)カパンディ 関節の生理学 (1)
(1986/01)
カパンディ嶋田 智明

商品詳細を見る


カパンディ 関節の生理学 (2)カパンディ 関節の生理学 (2)
(1986/01)
I.A.Kapandji嶋田 智明

商品詳細を見る


カパンディ 関節の生理学 (3)カパンディ 関節の生理学 (3)
(1986/01)
カパンディ嶋田 智明

商品詳細を見る

テーマ : 医療・病気・治療

ジャンル : 心と身体

タグ : 看護師 トリアージ 救急 柔道整復師 柔整師
2008.07.30
救急医療事故:医師の刑事免責を検討 患者側から反発も-自民私案

自民党は29日、救急救命に関係した医療事故について、

事故を起こした医師らの刑事責任を免除する刑法改正の検討を始めたそうだ。

確かに、刑事罰は「委縮医療」を引き起こす可能性をもっている。

しかし、それ全てを免除するとなると話は難しくなる

明らかな、ミスや怠慢も罰を逃れる可能性があるからだ。

殆どの医師や医療従事者はベストを尽くしているはずだ!

しかし、ごくごく一部には怠慢としか表現しようのない人々がいるのも事実。。
       (ただし、ハードな勤務環境の中、仕方ない一面もあるでしょうが・・・)

ただ、現在の流れとして、医療で起こったことを、過剰に突っつく傾向にあるのは事実だろう。

これらを改善しなければ、委縮医療(受け入れ不能)はなくならないだろうが、

単純に救急救命に関わる医療事故の刑事責任免除では・・・

解決できない新たな問題が浮上するに違いない。。

そもそも、「救急救命に関わる医療事故」という表現がどうなのか??

本当に医療事故なのか? そうでないのか?

そもそも、そこが重要ではないでしょうか?

手を尽くせるだけ尽くして、患者がお亡くなりになったなら、

それは医療事故ではないですよね??

ここで振り分けるシステムが必要ですが・・・もっともっと難しくなりますね。。

○本当の医療事故が裁かれず、泣き寝入りする患者遺族がいる現実・・・

○寝る間もなく手を尽くしたにも関わらず刑事罰を受ける医師がいる現実・・・

政治家もマスコミも、患者、患者家族、医療従事者すべてが、

もっと冷静に、もっと真剣に、

医療と命、人権について討論すべき大詰めを迎えているのでしょう。

8月3日(日) 
10:00~
 京都衛生専門学校にてオープンキャンパスを開催します
 テーマ : 外反母趾について
 担 当 : 骨じい


外反母趾


<さあ読もう!!>
医療事故―知っておきたい実情と問題点 (祥伝社新書)医療事故―知っておきたい実情と問題点 (祥伝社新書)
(2005/04)
押田 茂実

商品詳細を見る


医療事故の責任 ~事故を罰しない、過誤を見逃さない新時代へ~医療事故の責任 ~事故を罰しない、過誤を見逃さない新時代へ~
(2007/10/16)
神谷 惠子秋元 秀俊

商品詳細を見る


断罪された「医療事故隠し」―都立広尾病院「医療過誤」事件断罪された「医療事故隠し」―都立広尾病院「医療過誤」事件
(2007/10)
永井 裕之

商品詳細を見る



テーマ : 医療・病気・治療

ジャンル : 心と身体

タグ : 医療事故 医療過誤 刑事罰 医師 救急 救命
2008.07.25
くも膜下出血:初診6.7%見落とす

7月のはじめ頃にこんな記事が載りました。

確かに、発見されずにお亡くなりになられた方は大変お気の毒です。

ご冥福を心よりお祈り申し上げます。

しかし、「見落とし」という表現がはたして当てはまるのでしょうか?

医療が「進歩」したという、一般認識が独り歩きをして

医療にも限界があることを忘れているような・・・

病気のほとんどが解決策を見いだせていない現実。。。

もしこれを見落としとするなら・・・

ますます、過剰な検査・過剰な投薬・過剰な手術

などがひどくなるでしょうね。

こういうことを、きっかけとして

証拠づくりの医療が発展していくのでしょう。。

頭痛を訴える患者には必ずCT検査を!!(それでも100%診断することは不可能)

こんな感じになるのでしょうか????

日常的に頭痛をもった患者の被爆も心配です・・・。

<今日の一冊>

子供の漫画を借りて読みました!とにかく面白いです!!

以前ご紹介した、シリーズ中には塩田剛三先生も登場します(名前は変えてありますが・・・)


グラップラー刃牙 1 完全版 (1) (少年チャンピオン・コミックス)グラップラー刃牙 1 完全版 (1) (少年チャンピオン・コミックス)
(2007/12/07)
板垣 恵介

商品詳細を見る



テーマ : 医療・病気・治療

ジャンル : 心と身体

タグ : 見落とし くも膜下出血 救急 頭痛
震災関連リンク
「東北関東大震災」支援クリック募金
プロフィール

骨じい

Author:骨じい
中山 辰也 44歳
中山予防医学研究所
ほねつぎ実践中山塾主宰
健柔グループ理事

現代の過剰診療に危機感を覚え、「病院へは行かない」・「お薬は飲まない」を実践しています。いたって健康!

セルフメディケーションを目指しています。

極端に言えば、救急医療を除いては、もしかして医療の大部分は必要ないかもしれない!?

そうすれば救急医療が守られるかも。。。

なんて考えている変った柔道整復師です。

冬はスキー場の救護所でケガ人の応急対応を行っています。

現在外傷処置の修業中です。

目指すは「ほねつぎ復興」そして「赤髭」。

気軽にご意見・ご指摘・メッセージいただければうれしく思います。

誹謗・中傷も大歓迎!

ただし正々堂々(実名)で、お待ちしております。

患者さんはhttp://nakayama-sekkotsu.com/をご覧ください。

QRコード
QR
FC2ブックマーク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ全記事表示
リンク


日本最大級の医療専門サイト
ネパールに野球を! 「ラリグラスの会」
FC2カウンター
FC2カウンター~現在~
現在の閲覧者数:
ブログランキング
TREview

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。