目指すは「ほねつぎ復興」・「赤髭先生」です!
--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.10.21
物理が得意な理系、高所得 
平均681万円、科目間でも格差 
経済産業研究所

http://sankei.jp.msn.com/life/news/111021/edc11102108230001-n1.htm


ダメだな~骨じいは。。

全部苦手だァ(笑)

それはそうと、この研究チームのリーダーである

西村和雄教授は構造医学を学びに来ておられ

先日の学術会議で特別講演をして下さった凄い先生です。

色んな研究されているんですね。

スポンサーサイト

テーマ : 本日気になったネタ

ジャンル : ニュース

タグ : 構造医学 西村和雄 京都大学 理系 高所得
2011.10.18
土曜日、中山塾を終え急いで梅田へ

夜行バスに乗り込むためです。

そして朝7時前に新宿へ到着。

一風呂浴びてからスーツに着替えたいな~と温泉を探す。

会場に一番近いところを探すと、東京ドームにスパがあるようだ。。。

dome

JRで移動して、到着するとあと一時間で営業終了。

入場料は2650円(だったかな)。

一時間しかないのに割高だな~というケチ根性が働き移動することに。

さらに会場近くに移動して、インターネットカフェを探すがなかなか見つからない。

ようやく見つけてIN

シャワーを浴び、スーツに着替える。

あ~

また忘れ物。

ベルトがない・・・

しかし、今回のスーツは小島Drの紹介でオーダーして作っていただいたスーツです。

オーダーで29,800円~(私のは298です)

(皆さんよければご紹介します。院までサイズも測りに来てくれますし、忙しい方も安心です。)

ベルトなくてもずれないし、気持ち悪くない!

快適に一日過ごせました。

そして会議。

今回の発表テーマも多岐にわたり、興味深いものばかりでした。

正直難しかったです。

改めて、自分の勉強不足を思い知った今回の学術会議でした。

終了後懇親会で腹ごしらえして、新宿へ

帰りの夜行バスに乗り込みます。

今回の帰りは、ちょっと贅沢な3列独立シートのバスです。

快適でした。

こどもみたいな日記でごめんなさい

  バス


テーマ : モノの見方、考え方。

ジャンル : 心と身体

タグ : 構造医学 東京ドーム 温泉 インターネットカフェ
2011.10.05
今年もやってきました。

本年は東京での開催です。

日時は10月16日(日)です。

歯科分野や骨接ぎの分野、医科の分野・・・・

それぞれの分野で構造医学の考えで試行錯誤するなかで

得られたものを発表してくださるたくさんの先生方がおられます。

骨折(果部Fr)に関する発表もあり楽しみです。

その他にも興味深い題材が満載です。

ご興味のある方は是非ご参加ください。

 学術会議

テーマ : モノの見方、考え方。

ジャンル : 心と身体

タグ : 構造医学 学術会議 東京
2011.08.20
昨日、股関節を患って当院に通院されている方が

来院された。

両側の変形性股関節症。

身体を動かす事が大好きでランニングを続けたい一心で

手術を先延ばしにして頑張ってこられた。

進行していく中でも挑戦し続けてこられた。

しかし、ついに手術を決断され9月に控えている。

昨日の話で、ランニング仲間と今日、手術前最後にみんなで走ろうという話になったそうだ。

勿論飲み会つきで(笑)

今日走る時だけでも雨が止み

昨日は足の具合も良好だったので、


どうか上手く走れますようにと

夜行バスの隣のデカいお兄ちゃんを肩枕(重いわ)しながら

祈っております。

そして今まで何度となく感じてきた自分の力無さを痛感しています。

骨じいは一生繰り返すんだろうな。

「やれることをやればいい」

そう割り切れないのが未熟者治療家の骨じいなんだな…

多分一生割り切らないよ(笑)

そう悟れるのは引退するときかな

だから四十過ぎだ今も確実に進化し続る

今日は今年最後の構造医学

珍しく寝れなかった(重くて)が、心して師匠の一語一句一挙動全てを吸収させて頂きます。

2011.08.20
今日は久しぶりの熊本に向けて夜行バスに乗っています。

最近夜行バスにはまってます。

隣の男の子デカいです。
2011.04.19
先週の土・日と半年以上ぶりに構造医学・吉田勧持先生のお話を聴きに

熊本へ行ってまいりました。

私が構造医学を一生学び続けようと決意しているのは、

先の記事じゃないですが、構造医学は単なる「方法論」を説く学問では無いからです。

「構造」、そして「医学」という言葉は多くの方に「方法論」的な学問を連想させます。

そして、私のもとに来られる若い先生方も例外なくはじめはそれを連想されます。

単に腰痛=A法で!的な学問では無い事を理解して勉強しなくてはいけないと自分自身は

思っております。

だから構造医学は他の医術を否定するものでは全くありません。

でもみんな勘違いするんだな。。。なんとか吉田先生の本意を受け継ぎたいです。


ただし、方法論が無いのではありません。

私はいつも「術」の大きなヒントを頂いて帰ってきます。

ちょっと、ここからの話は書けないくらい難しいので・・・・(汗)

骨じいもまだ構造医学の100分の1も理解できてないので(笑)

飲みながら話をするのがいいかもね。骨じいは。。

一生かけてもなかなかですな。

同門の先生方、一緒に精進を重ねましょう!

それにしても熊本に行くと自分の出来無さと力を同時にたくさん頂いて帰ってきます。

さァ張り切ってやりますかァ!!!

九州新幹線
 新大阪より熊本まで直通の新幹線で行ってまいりました!快適快適

テーマ : モノの見方、考え方。

ジャンル : 心と身体

タグ : 構造医学 熊本 中山塾 ほねつぎ
2010.09.01
先週28日、29日は1泊で構造医学セミナーに参加させていただきました。

吉田勧持先生はいつもながらアツかったです。

あのパワーはどこから生まれるのだろうと考えてしまいました。

日常診療へ力を注ぐためのパワーをたっくさん頂きました

そして「ほねつぎ」の凄さもあらためて教えていただきました。

そして「事実」を重ねること・・・

「事実」を見抜く力の大切さ・・・

まだまだ止まっちゃいけないと強く感じましたね。


そして、若い先生たちとの再会。。

私の開業当初、共に切磋した先生方・・・

過去に中山塾に参加してくださった先生方・・・

帰りの飛行機で思ったことは。

自分より若い先生からもたくさんパワーを頂いているんだということ。

もっと話したかったですが・・・時間の関係上仕方ありません。

ある先生は吉田勧持先生に師事し多忙な日々の中、悩みながら精進している・・・

ある先生は凄いテーマを研究しようと色々な行動を起こしている・・・

みんな凄げ~です。構造医学を学ぶ先生にはそんな人たちが多いんですよね。

なぜなら、「構造医学」は物事の捉え方やどう行動すべきかに大きなヒントを

与えてくれる学問だからです。単なる技術セミナーじゃないのです。

骨じいも進み続けます!!

「ほねつぎ」復興は単なる夢ではございません。

私の目標・目的・使命です。

行動を起こさなければ何も起こりません。

「ほねつぎ復興」は終わりません。

ありがとうございました!!!

テーマ : モノの見方、考え方。

ジャンル : 心と身体

タグ : 構造医学 中山塾 ほねつぎ
2010.08.23
今年もやってきました学術会議です。

昨年は残念ながら参加出来ませんでしたので、

楽しみにしております。

柔整師に限らず医療に携わる全ての方にご参加頂きたい会議です。

発表される方は、患者・歯科医師・臨床検査技師・理学療法士・柔整師

と多岐にわたっております。

     第15回学術会議

まさに医療の横連携ですね。

私も構造医学を学び、その考えを大いに参考にさせていただき

「ほねつぎ」をやっております。

私は「ほねつぎ」なのでそれしか分かりませんが、

その考え方は「ほねつぎ」そのものを進化させるものだと

確信し、その考えを実践させていただいております。

現に脱臼の整復に関しては、今までとは明らかに異なった

感覚で整復可能となりました。

それは患者にとっても我々術者にとっても有益なことであります。

つまり、患者にも術者にも「愛護的」なのです。

もちろん非力な女性でも十分「ほねつぎ」が出来るという事です。

理論が素晴らしくても、結果を伴わないものは理論が間違っています。

構造医学の生体潤滑理論を例に挙げても、事実、牽引なしで脱臼の整復が可能です。

これは理論と事実が合致していることに他なりません。

賛否両論あるようですが、否定派の方ほど一度も深く「構造医学」という学問に

触れた事のない方のような印象を感じています。

どんな学問も序論だけで全てを理解したような錯覚に陥ることは

大変危険です。それは全てにおいてです!

私が今考えていること気をつけていることは

否定するならまず、「真っ白」な心でそれを「深く」学び

それでも得心出来なくて初めて否定するという事です。

まずは受け入れ、そして吟味する。

でなければ単なる「好き」と「嫌い」の世界になってしまうのです。


おっと、、

今日は学術会議の紹介だけのつもりが・・・

長々と綴ってしまいました。

それではご興味のある方は当日会場でお会いしましょう!!

懇親会もあるみたいですし

テーマ : モノの見方、考え方。

ジャンル : 心と身体

タグ : 柔整師 骨折 整復 脱臼 構造医学 学術会議
2009.09.09
今年もやってきました。

例年より少し早めの開催ですね。。

私は残念ながら他の学会での発表があり参加できません。

本年も盛りだくさんの発表演題が並んでいます。

ほねつぎ関連の発表もあり興味深いもがもたくさんあります。

是非ふるって参加してみてください。

<第14回 日本構造医学会 東京学術会議>
 期日:2009年10月11日(日)
 会場:学士会館 本館
 

テーマ : 医療・病気・治療

ジャンル : 心と身体

2009.04.18
20090418064814
20090418064805
本日は休診にさせて頂き

昨晩、夜行バスに乗り込み
間もなく熊本に到着です。
適塾の本を読みながら緒方洪庵先生の

人物像や医人としての構えを思い浮かべながら

私の修行の方向性を模索しています。

院にも『扶氏医戒之略』の額をかけました。

またまた新たな気持ちで毎日の修行を楽しんでいます。

そしてこの20年間自分のわがままについて来てくれている

妻に感謝感謝の気持ちです。
今日は構造医学。

吉田勧持先生の一語一句、一挙手一挙動を逃すことなく吸収してきます。

それでは
震災関連リンク
「東北関東大震災」支援クリック募金
プロフィール

骨じい

Author:骨じい
中山 辰也 44歳
中山予防医学研究所
ほねつぎ実践中山塾主宰
健柔グループ理事

現代の過剰診療に危機感を覚え、「病院へは行かない」・「お薬は飲まない」を実践しています。いたって健康!

セルフメディケーションを目指しています。

極端に言えば、救急医療を除いては、もしかして医療の大部分は必要ないかもしれない!?

そうすれば救急医療が守られるかも。。。

なんて考えている変った柔道整復師です。

冬はスキー場の救護所でケガ人の応急対応を行っています。

現在外傷処置の修業中です。

目指すは「ほねつぎ復興」そして「赤髭」。

気軽にご意見・ご指摘・メッセージいただければうれしく思います。

誹謗・中傷も大歓迎!

ただし正々堂々(実名)で、お待ちしております。

患者さんはhttp://nakayama-sekkotsu.com/をご覧ください。

QRコード
QR
FC2ブックマーク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ全記事表示
リンク


日本最大級の医療専門サイト
ネパールに野球を! 「ラリグラスの会」
FC2カウンター
FC2カウンター~現在~
現在の閲覧者数:
ブログランキング
TREview

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。