目指すは「ほねつぎ復興」・「赤髭先生」です!
--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.10.18
救命講習、3250人でプッシュ! 大阪 ギネス申請へ
http://www.asahi.com/health/news/OSK201110150115.html

凄いね!

こんな感じで「超健康道場」!!!!

きっと将来こんな感じになるでしょうね。。




11月12(土)・13日(日) 

超健康道場 & ほねつぎ実践中山塾 W導入編 in 京都・東京


○11月12日(土) 16:00~17:30 中山塾
           18:00~19:30 超健康道場
  場所:アイアンクリニック(http://www016.upp.so-net.ne.jp/ironbug/

   参加費:一般5000円
      学生(専門学校・大学生)3000円
      学生(中高校生)1000円


○11月13日(日) 10:00~11:30 中山塾
           12:30~14:00 超健康道場
  場所:HI!鍼灸整骨院(http://hi39.com/
      

   参加費:一般5000円
      学生(専門学校・大学生)3000円
      学生(中高校生)1000円



お申し込み:http://form.os7.biz/f/257f9a4d/からお申し込みください。


スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療

ジャンル : 心と身体

タグ : 筋肉ドクター 超健康道場 筋トレ 柔道整復師 ほねつぎ
2011.10.18
AED、普及広がる…点検・消耗品交換が不可欠
http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=36996&from=popin

AED「定期点検を」バッテリー寿命2~5年…埼玉
http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=48772



リース契約だと、バッテリーやパットの交換は、業者が時期になれば新品を送ってきてくれます。

もちろん毎月7000円位かな~リース料は支払っていますが、

今はもう少し値段も下がっているようですね。

しょっちゅう使わないものにお金をかけるのは一見無駄に見えますが、

備えることは重要なことなんですね。

もうすぐリースも終わり、再リースになればウンと安くなって

少しは楽になります。

AED

テーマ : 医療・病気・治療

ジャンル : 心と身体

タグ : 救急 AED
2010.12.18
救命士が「死亡」と誤判断 通報から1時間半後に搬送
2010年12月16日 提供:共同通信社
 岩国地区消防本部(山口県岩国市)の玖西出張所の救急救命士らが、意識がなかった同市の男性(83)をいったん「死亡」と判断していたことが15日、分かった。
 同消防本部によると、男性は119番から約1時間半後になって病院に搬送され、偶発性低体温症と診断された。意識は回復していない。
 14日午前8時55分ごろ、近所の住民から「男性が布団の中で様子がおかしい」と通報があった。救急救命士は呼吸や手首の脈がないと判断し、死亡として処理した。
 その後、県警岩国署が検視をした際、男性の腹部が動くなどしたため消防に通報。男性は午前10時半ごろに搬送された。
 消防本部の野上悦生(のがみ・えつお)消防長は「二度と起こらないように、厳密に判断をするよう指導した」としている。




まずはこの患者の無事を心よりお祈り申し上げます。

たまにニュースで見かける「低体温症」

程度により様々な状態を呈しますが、

脈拍が微弱になり呼吸数も激減するため「死亡」と判断される事があります。

今までに蘇生された最低体温は成人と新生児などで多少異なるようですが、

15~16℃前後でも蘇生された例が有るそうです。

しかも数十分間水没していて、数日後には何の後遺症もなく社会復帰出来た例など

驚くものも報告されています。

低体温(冷却)にはどんな意味が隠されているのか?

構造医学の生理的局所冷却を理解・実践する上で

よいヒントになるかもしれませんね。

なかなか冷却や温熱のもつ意味が呑み込めない方や混乱している方は

それを局所に置き換えてみて、ちょこっと考えてみましょう。


話は変わって 

さァ、、明日は名古屋入りです。

ペディグラス名古屋校の勉強会と忘年会があります。

私も、足のプチ解剖の授業をお手伝いさせていただきます。

ペディグラス名古屋校は最愛の奥さまが運営している

巻き爪補正とフットケアのスクールです。

なかなかパワフルな授業をしますね。。奥さまは!!

この巻き爪補正技術は素晴らしいものです。

多くの方が苦痛から解放されています。

巻き爪補正やフットケアに関心のある中部地区のかたは勉強されてみてはいかがですか。↓↓

是非ぜひ!!

 巻き爪補正ペディグラススクール 

テーマ : モノの見方、考え方。

ジャンル : 心と身体

タグ : 低体温症 生理的局所冷却 構造医学
2010.06.04
<心肺蘇生>胸押し続けて 人工呼吸しなくても効果…京大
心肺蘇生には人工呼吸より、とにかく胸を押し続けて--。従来の救命措置の“常識”を覆す簡単な手法の普及に京都大の石見拓(いわみたく)助教(救急医学)らが取り組んでいる。「救命措置法の普及の壁を破る手法」として海外での評価も高く、今年秋には国際指針となる見込みという。
 事故などで心肺停止に陥った時、蘇生が1分遅れると救命率が約10%下がるとされる。日本救急医療財団は一般の人向けに、人工呼吸と、胸部を一定のリズムで圧迫する心臓マッサージとを組み合わせた心肺蘇生法のガイドラインを策定しているが、口と口をつける人工呼吸への抵抗が根強く、普及は頭打ちになっていた。
 石見助教らは、病院外で心停止した大阪府の18歳以上の男女約4900人の1年後の状態を、心臓マッサージによる胸部圧迫だけと、人工呼吸を併用した場合とに分けて調べた。その結果、胸部圧迫だけでも4.3%が脳機能を回復しており、人工呼吸を併用した場合の4.1%と差がなかった。胸部を押すことで脳にも血液が送られたとみられる。
 この成果を受け、石見助教はNPO法人「大阪ライフサポート協会」(大阪市)とともに胸部圧迫の訓練キットを開発、09年から講習会を各地で実施。6月20日には大阪市東淀川区でも開く。
 心肺蘇生法の国際指針に影響力を持つ米心臓協会もこの結果に注目。既に米国内では心肺停止した大人には、胸部圧迫のみの蘇生法を指導しており、秋に公表予定の新国際指針でもこの蘇生法が採用される見通しだ。
 日本救急医療財団の島崎修次理事長(救急医療)は「人工呼吸は心肺蘇生法普及の壁となっていた。いずれ日本のガイドラインも変更されるだろう」と話す。講習会の問い合わせは大阪ライフサポート協会(06・6370・5883)。【林田七恵】
05月30日 09時56分



これはかなり以前から言われていたことですが、データ的にもやはりあまり差が無いんですね。

とにかく脳の血流を絶えさせないことが重要なのですね。

それにしても4%そこそこしか脳機能が回復していないというのも

課題です。

これは蘇生出来た人を対象にした4%なのか、蘇生できなかった人も含めての4%なのか?

によっても変わりますから分かりませんが、

とにかく、心臓マッサージを可能な限り早期に開始し

止めないことが最重要ですね。

一人の人間として、医療の一端を担う者として

目の前の人を助けるために、動ける自分でありたいものです。

健柔グループのセミナーでも、今年中に救急法の講習会を開催したいと思います。


テーマ : 国家資格 柔道整復師

ジャンル : 学校・教育

タグ : 救急法
2010.03.27
「公共AEDの救命、1カ月で3割社会復帰」

公共の場に設置されているAEDにより、その場に居合わせた人が行った救命措置で、約30%の人が1ヶ月後に社会復帰できる状態となっていることが、京大保健管理センターの調査で分かった。救急隊到着後の救命措置では、その半分程度にとどまっていた。
調査は総務省消防庁のデータを使い、05~07年で、日本全国で救急蘇生が試みられた患者を対象に行われた。
心臓のけいれんのような心室細動が原因で心停止、公共の場で倒れるところを目撃された1万2631人を分析すると、大半の人は救急隊の到着を待ってAEDを受けていた。このうち、1カ月後に生存していて脳に障害を残さずに、社会復帰できる状態になった人は14%だった。
一方で、近くに居合わせた人によって、AEDで救命を試みられた462人では、32%が社会復帰できる状態になっていた。
同センターでは、いずれも、近くに居合わせた人が蘇生を試みると救命率が上がることが証明された。その場でできることを積極的にしてほしい、としている。




準備は大切です。

私たちで言えば骨折患者が来院された際にしっかりとした処置を行うための

衛生材料と心の準備、両方を備えていなくてはなりません。

AEDもしかりです。

講習すら受けていない柔道整復師・・・いるのではないでしょうか?

ちゃんと準備をしましょうね!

夏~秋のいつかは分かりませんが、健柔グループの学術部でも

AEDの講習を開催したいと思います。

会員、会員以外の方に限らずその時には是非参加をして準備を備えてください。

柔道整復師も医療人の端くれ。

こんな場面に遭遇することも当然考えられます。 → もう一つの1月17日 ~医療従事者限定~

もし、院内で患者が心室細動状態になったら?

もし、骨折患者が来院したら

あなたには、それらの患者を救おうとする気持ちと準備がありますか???



<今日の一曲>

テーマ : 国家資格 柔道整復師

ジャンル : 学校・教育

タグ : 柔整師 骨折 脱臼 整復 中山塾 ほねつぎ AED
2010.01.17
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
2009.10.16
線維筋痛症:学会が診療指針 子の診断基準も策定

線維筋痛症・・・・診断基準?どうなんですか??

こんな病名付けたら患者はまた路頭に迷わないか心配です。。

私のところでも線維筋痛症と付けようと思えば付けられる方はたくさんいます。

典型的な例をご紹介します。

この方は3年間腰や膝の痛みで、満足に外出も出来ず、、、

当院には付き添われて来られました。

立ち座りも何かを持たなくてはならない状態・・・・

はじめに診てもらった病院では手術しか回復の道はない。

と言われたそうです。

その後もありとあらゆる治療を受けられたそうです。

病名は覚えていらっしゃらなかったのですが、症状で判断すれば「脊柱管狭窄症」

間歇性跛行が非常に著明です。付き添われながらも20~30mで腰~下肢の痛みとしびれ

のために歩行が出来ないとのこと。。

椅子に座ってもらい状態を観察

どう見ても動けないはずのない身体だと直感しました。

「今から一人で立てるようにしましょう。今日ですよ。今ですよ。」

とお話して、立ち方を指導しました。

やっぱり立てちゃいました。

これはどういうことなのでしょうか?

簡単にいえばおそらく、病名や治らないという事を刷り込まれた瞬間に

身体はそうなっていくことの典型ではないでしょうか?

続けて私は患者にこう言いました。

「半年間私に任せていただけますか?

それでダメなら(悪化もしくは変化がなかった場合)その時点で

手術をDrと話し合われてはいかがですか?」と

そして、提携病院にお願いしてMRIを撮って頂きました。

MRIsijyou 

 MRIzengaku

その結果、、、かなりいい状態の腰椎が写し出されていました。

私もあまり見たことないくらいきれいでした。

人間は気持ひとつで悪化も軽快もする良い例だと感じました。

解決しづらい症状・・・

たとえば顎関節症や腰痛は「気」の部分が非常に重要なのではないでしょうか?

あなたの痛みはきっと和らぎますよ・・・・

痛みの恐怖に怯えている人達にかけてあげたいですね、言葉を。

「病は気から・・・」その本質を垣間見た骨じいでした。

そしてこの方が失った3年間を取り戻す努力を見守ってあげたい・それしか出来ない

と思う今日この頃です。


テーマ : 医療・病気・治療

ジャンル : 心と身体

タグ : 柔整師 診立て MRI 線維筋痛症
2009.01.17
スキー場では、頭部・頸部の外傷も多く見られます。

本日の症例、、、

36歳・女性

ボーダーと衝突(後方から衝突された?)し転倒した際に頭部を強打。

直後、意識ECS1・軽度の嘔気・両側上肢のシビレ・指尖の痛みを訴えていた。

来所時、腱反射がやや亢進(++)していました。

多くの場合、頭部の外傷では腱反射が亢進します。

きっと脳の抑制システムが振動と熱エネルギーによって

一時的にダウンしているからなので、

ほとんどは、経過観察でいいのでしょうが、、、

エネルギー除去には積極的な経過観察(冷却)は必要不可欠でしょう!


衝突状況から、頭部の外傷のみならず中心性頚髄損傷を疑い、

救急にてN病院へ搬送しました。

結果はまだ分かりませんが、意識レベルに問題なくても意外に重篤な病状が隠れている

場合があります。

気をつけて!!

テーマ : 国家資格 柔道整復師

ジャンル : 学校・教育

タグ : 柔整師 ケガ 救急車 中心性頚髄損傷
2008.09.19
先日、だんじり祭りの救護活動を行ってきました。

詳細は、、、、

新米ほねつぎ・整骨物語

で御覧ください。

スイマセン!!手抜きして・・・

後日(9月25日号)、鍼灸柔整新聞にて記事が掲載されると思いますので、

御覧ください。。

だんじり






 

テーマ : 医療・病気・治療

ジャンル : 心と身体

2008.09.12
明日は、岸和田のだんじり祭りです。

毎年、祭りを曳いている弟子の口利きで

ある町の救護を担当させていただいている

熱中症がほとんどですが、大変いい勉強になります。。

あすは、岸和田に5時入り、、、

7時から大阪に戻り診療してから、、

午後、再度岸和田祭りにもどります。

また、報告します。。

今日はこれで・・・



震災関連リンク
「東北関東大震災」支援クリック募金
プロフィール

骨じい

Author:骨じい
中山 辰也 44歳
中山予防医学研究所
ほねつぎ実践中山塾主宰
健柔グループ理事

現代の過剰診療に危機感を覚え、「病院へは行かない」・「お薬は飲まない」を実践しています。いたって健康!

セルフメディケーションを目指しています。

極端に言えば、救急医療を除いては、もしかして医療の大部分は必要ないかもしれない!?

そうすれば救急医療が守られるかも。。。

なんて考えている変った柔道整復師です。

冬はスキー場の救護所でケガ人の応急対応を行っています。

現在外傷処置の修業中です。

目指すは「ほねつぎ復興」そして「赤髭」。

気軽にご意見・ご指摘・メッセージいただければうれしく思います。

誹謗・中傷も大歓迎!

ただし正々堂々(実名)で、お待ちしております。

患者さんはhttp://nakayama-sekkotsu.com/をご覧ください。

QRコード
QR
FC2ブックマーク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ全記事表示
リンク


日本最大級の医療専門サイト
ネパールに野球を! 「ラリグラスの会」
FC2カウンター
FC2カウンター~現在~
現在の閲覧者数:
ブログランキング
TREview

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。