目指すは「ほねつぎ復興」・「赤髭先生」です!
--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.03.27
「公共AEDの救命、1カ月で3割社会復帰」

公共の場に設置されているAEDにより、その場に居合わせた人が行った救命措置で、約30%の人が1ヶ月後に社会復帰できる状態となっていることが、京大保健管理センターの調査で分かった。救急隊到着後の救命措置では、その半分程度にとどまっていた。
調査は総務省消防庁のデータを使い、05~07年で、日本全国で救急蘇生が試みられた患者を対象に行われた。
心臓のけいれんのような心室細動が原因で心停止、公共の場で倒れるところを目撃された1万2631人を分析すると、大半の人は救急隊の到着を待ってAEDを受けていた。このうち、1カ月後に生存していて脳に障害を残さずに、社会復帰できる状態になった人は14%だった。
一方で、近くに居合わせた人によって、AEDで救命を試みられた462人では、32%が社会復帰できる状態になっていた。
同センターでは、いずれも、近くに居合わせた人が蘇生を試みると救命率が上がることが証明された。その場でできることを積極的にしてほしい、としている。




準備は大切です。

私たちで言えば骨折患者が来院された際にしっかりとした処置を行うための

衛生材料と心の準備、両方を備えていなくてはなりません。

AEDもしかりです。

講習すら受けていない柔道整復師・・・いるのではないでしょうか?

ちゃんと準備をしましょうね!

夏~秋のいつかは分かりませんが、健柔グループの学術部でも

AEDの講習を開催したいと思います。

会員、会員以外の方に限らずその時には是非参加をして準備を備えてください。

柔道整復師も医療人の端くれ。

こんな場面に遭遇することも当然考えられます。 → もう一つの1月17日 ~医療従事者限定~

もし、院内で患者が心室細動状態になったら?

もし、骨折患者が来院したら

あなたには、それらの患者を救おうとする気持ちと準備がありますか???



<今日の一曲>

スポンサーサイト

テーマ : 国家資格 柔道整復師

ジャンル : 学校・教育

タグ : 柔整師 骨折 脱臼 整復 中山塾 ほねつぎ AED
2010.03.23
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
2010.03.22
自殺半数が処方薬乱用 指示従わず
 国立精神・神経センターの加我牧子医師らの研究グループが行った自殺実態調査で、生前に精神科などを受診していた自殺者の半数が医師から処方された向精神薬を過量摂取していたことが分かった。グループの松本俊彦医師は「自殺予防のためには処方薬の乱用を防ぐことが急務。精神科医師の質の向上も必要」と指摘している。

 調査対象は08年1月~09年12月の自殺者のうち遺族が調査に応じた76例。死亡前1年間に精神科か心療内科の受診歴があった人は半数の38人だった。うち若年者(39歳以下)が25人(65.8%)を占めた。死亡時に向精神薬を医師の指示より多く服用した人が19人いた。過量摂取者が服用していた薬(複数回答)は▽睡眠薬15人▽抗うつ薬8人▽抗精神病薬7人▽安定剤6人。

 埼玉県立精神医療センターの成瀬暢也副病院長は「向精神薬は癖になりやすく、乱用すると量が増える。追加処方には応じない、薬を家族に管理してもらうなど、医師側の対応が必須だ」と話している。【和田明美】





難しいですね。私が一般人として率直に言うなら。。。

精神科や心療内科の受診で自殺は防げないのかな・・・・と思ってしまいました。

問題は薬の乱用だけじゃないような・・・

最近は新聞広告にも「早めの受診を」や

「もっと早く受診していたら・・・」などなど

と呼びかけるものをよく目にしますが、、、

????です。

もっと根本的なものがあるような、、、私には分かりませんが

年間3万人と言われる自殺者を医療が救う事が出来るのでしょうか。

私たちに置き換えて。。。

予防は早めにと、痛くもかゆくもないところをマッサージ・・・

なんともなかったところに、そのうちコリを訴えるようになります。。

患者造成療法??かな。医療が患者を造ること・・・大いにあります。

そう感じているのは骨じいだけでしょうか?

本当の予防は施されることではなく

歩行や筋トレをはじめとして日常生活を見直す

自己管理・自己育成が最も大切ではないでしょうか?

もちろん経済状況の改善などの世直しも重要です。

それでもはみ出てしまった時の手助けしか医療には手がないような・・・。

自殺を防ぐには、先ず先人たちにならって肉体と精神の修養なのかなと思っています。

肉体と精神の両面を育てる施設。。。

本当の意味での予防医学施設はそんな施設なのでしょう。

それがもっとも必要とされる施設なのかもしれませんね。

筋ドク先生と目指すものはそんな本物の施設。

決して予防接種をすることだけが予防医学ではないと思います。

筋ドク先生は、凄いお方との対談形式セミナー開催を目指しています。

難しい言葉は分かりませんが、まさに肉体と精神・・・・

どちらも欠いてはいけません。

実現しましょう!

ドカンと!!

ね!先生!!!

   『超健康道』

  『ほねつぎ復興』


この二つが私の生涯の使命です。

テーマ : 国家資格 柔道整復師

ジャンル : 学校・教育

タグ : 自殺 超健康道 ほねつぎ復興 中山塾 アイアンクリニック 筋ドク
2010.03.22
本日、山に上がらせていただきます!

骨じいにとっては、今シーズン最終日です。

今日も一日、自分に後ろめたくない処置が出来ますように。

患者のための処置が出来ますように。

テーマ : 国家資格 柔道整復師

ジャンル : 学校・教育

タグ : 柔整師 整復 中山塾 ほねつぎ
2010.03.22
今日はびわ湖バレイが強風とコンディション不良で営業中止。

お昼2時からは息子の学校へお呼び出し面談

成績がひゃ~っ!

しかし先生から骨を接ぐ仕事をしたいと

言っていることを聞き、内心嬉しかったですが、

それは目標が低すぎる×

やるなら医師になって、ほねつぎをやればいいのです。

私は息子にも自信をもって話ができる

仕事をしています。

しかし、さらに患者の為、世の中の為になるには

柔整師ではなく

医師になるべきです。

医師になれば、ほねつぎをやれるのです。

医師になれないから

柔整師になる・・・

それはダメです。そんなこっちゃね・・・



今晩は筋肉ドクター、ガチョウさんとミーティングをしました。

お二人とも目標が崇高です。

『ほねつぎ復興』という私のちっぽけな目標をも

応援して頂いています。

なのに、ほねつぎの今の現状はどうですか?

酷いものです。

ほねつぎだから

どうこうという議論はさておいて

私は死ぬまで(死んでもですが)ほねつぎなわけで

その立場ではありますが

その枠を飛び越えて

色々なことに挑戦します!
今日はきついことも言いましたが、

とにかく愛する息子には

高い目標をもってもらいたいと思いました。 タグ : 柔整師 骨折 脱臼 整復 中山塾 医師 受験 職業
2010.03.21
昨日は、卒業生(内弟子)たちと同窓会を行いました。

 → 骨太のブログ 『 ほねつぎの集い 』 、 『 真夜中の勉強会 』

21時スタート。。

終電で帰れるようにということで場所はミナミに!

話ははじめからヒートアップ!!!

いつものごとく、終電に間に合うはずもなく・・・・

1時まで一軒目の居酒屋。

そこから歩いてゴルカバザールへ

3時半頃?でしたか・・・・

タクシーで私の院へ。

そこからみんなで処置の練習。

不思議とそのときには酔いが醒めていました。

しっかし、、みんなの成長には驚かされました。

ほねつぎ復興を確信した一日でした。

ありがとう!! タグ : 柔整師 ほねつぎ
2010.03.20
先程のコーレスは転位も殆ど無いため

そのまま保存でいくそうです。

その病院で『開業医に手術を勧められても拒否しなさい』

と言われたそうです。

その通りだと思います。

今日は残念ながら、強風で営業中止になったので

下山してきました。

今晩は、骨じいのもとを卒業した内弟子たちと

飲み会なので大阪に一旦戻ります。

どんな成長ぶりを聞かせてもらえるか楽しみです。
2010.03.20
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
2010.03.20
本日から3日間山に上がらせていただきます!

びわ湖バレイも確実に春お兆しが・・・・

ぽかぽか暖かいです。

この3日間で今シーズンの救護所活動終了します。

今日も一日自分に後ろめたくない処置が出来ますように。

患者のための処置が出来ますように。


<今日の一曲> ~再びこの曲~




この歌を聴いて骨じいは“じっちゃん”を思い出した。骨じいのじいちゃんだ。

そして、両親の直向きな姿を思い出した。

骨じいが小学校3年生の時、隣家からの延焼で家が全焼した。

学校で掲示係だった骨じいは、掲示板にお知らせを先生や友人と貼っているとき

たくさんの消防車が学校の横を通り過ぎていく。。。

「俺んとこちゃうか??」と冗談をいいながらお知らせをはっていた。

終了して、いつもの忍者ごっこをしながら帰宅、、、、

敵陣のいる(設定の・・)公園に消防車・・・・が水を引いている

そのホースを辿りながら忍者走り!!!

そこで先輩が・・・「お前の家家事やぞ!」

顔えおあげるとそこのは信じられない光景が拡がっていた。

家が燃え、煙が悶々と・・・・

茫然とした、、、

骨じいの父は歯科技工士で家の一階が工場だ。

わけがわからないまま涙が溢れる・・・・

父と母の安否も何もわからない。。。とにかく涙が出た。。。

それからご近所の方が、私と姉を家に入れてくれ「大丈夫だからと」

2階から飛び降りて脱出し、ケガはしているが命に別状はないことを聞かされ

とりあえず安心した。

しかし怪我の状態は、父・・・両側踵骨骨折   母・・・両足関節骨折

当然入院である。

そこで、母方のじっちゃん(祖父当時73歳だったかな??)が島根から出てきてくれて

私たち兄弟の世話をしてくれることになった。

毎朝、具だくさん(過ぎる)お味噌汁。。

朝はパンいちで公園での腕立て伏せ・・・・

73歳なのに筋骨隆々だった。自慢のじっちゃんだった。。

私が中学や高校時代も、共働きだった我が家を手伝いに来てくれた。

毎日学校から帰ると道場に通う私を捕まえては昔の武勇伝を何度も聞かせてくれた。

米屋に出稼ぎに出ていた若いころの話、、

150cmあるかないかの小さなじっちゃんは、鍛錬と研究を重ね

大男を相手に米俵投げで優勝したそうだ。。

遅刻しそうな時もお構いなしに話してくれた(笑)。

そして腹が痛くなると、按腹をいつも施してくれた。

もちろん資格などないが、島根のちいさな村で住んでいるじっちゃんのもとを

離れた村人が聞きつけて治療に訪れたそうだ。

あの指は凄かった!今でもはっきり覚えています。

カイロのように暖かくて分厚い手を。。

まだまだ、あの手の足元にも及ばない。。

まだ資格という紙切れにぶら下がるアマちゃんだ。

祖父の思い出とともに、新たに気合いを入れ直した骨じいです。

90を過ぎて入院したじっちゃんの見舞いに一度も訪れることが出来なかった。

痴呆も進んでいたが、私の息子が見舞いに行った際、

息子を見て私の名前を呼んでいたそうだ。

父は一文無しから必死で働き、私を育ててくれた。

「患者が入歯を待ってる」と

腹水でぱんぱんに腫れあがった状態で無くなる3日前まで、

仕事を休むことはなかった。

治りもしない私の治療を嬉しそうに受けていたあの顔が忘れられないですね。

母は家事の後、しょぼんとして帰っている私の姿を見たご近所さんから話を聞き

まだまだ治っていない足のまま無理やり退院して私を励ましてくれた。

そして当直もしながら看護師として働いてくれていた。

いろんな人に支えられてこんなおっさんになるまで成長させてもらったんだな。

としみじみ感じる今日この頃です。




テーマ : 国家資格 柔道整復師

ジャンル : 学校・教育

タグ : 柔整師 中山塾 ほねつぎ
2010.03.14
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
2010.03.13
最近ふと 思う事があります。

なんで自分はこんなに元気なのだろう??と・・・・

寝込むことは殆どありません(正月・・・そういえば体調崩しましたが・・・)

風邪をひいても、なんか変な感じになっても、、、

翌日には復活しています。痛いところも不思議とあまり気にしない(ならない)。

考えるに、まず私はいい加減な人間です

ずるずるのルーズ人間です。

そして、あるジャンルを除いては全くこだわらない。

どこでも、何があろうとなかろうと即寝ることが出来る。

好きなことをやっている。。。

一日1食または2食ですが、好きなだけ食べます。飲みます。

目安は満足する量、もういらないと感じる量

腹8分目?6分目??

目的も無いのに出来ません(目的があったらやりますが・・・)

食べる時間は時間が取れた時

電車でも、路上でも、受付カウンターでも(笑)

どこでも食べます。

先日も夜診が終わってミーティングに向かう電車の継ぎ目の蛇腹内で

パンをガブガブ食べて、車内に戻ると

教え子の女性が「骨じい先生ですよね?!お久しぶりです!!」って・・・

どこで見られているか分かりません

こんな感じが元気でいる秘訣なのかな?と最近思います。

とにかくありのままに生きる。ただの行儀悪いおっさんとも言えますが・・・。

とにかく規則正しい・・・なんて骨じいの辞書にはありません。

但し、院という箱の中ではバッチリ医療人のはしくれです。


しかしそんな骨じいもいつ突然黄泉の国へお呼びがかかるか分かりませんしね・・・・

いつ行ってもいいように、、、


思いっきり楽しんで働き

思いっきり遊びを楽しみ

思いっきり愛することを楽しみ

思いっきり夢に向かって進むことを楽しみ

苦の中の楽しみを追い続け、苦を苦とも思わず

荒波に飛び込むことも恐れることなく

誰かに従うだけでは終わらない

ありのまま、思うがまま




の人生でおわりたいですね。。


こんな奴だという事を、ご理解頂いたうえで

骨じいとどうぞお付き合いお願いたします。。


話は変わって、先日の夕飯時・・・・

お婆ちゃん「この蓋あけて~」と新品の調味料

骨親父、いつものように「よっ!!」

「あれ?」開かない・・・・

骨息子「かして~」

ヒョイ””

簡単に開いてしまいました。。。

初めてでした。。。ちょっと嬉しい瞬間でした。。


<今日の一曲>

 ~新米ほねつぎの皆さん、国家試験お疲れ様でした!~
 
     裸一貫 ほねつぎで勝負!!(笑)

   

テーマ : 心と幸せ

ジャンル : 心と身体

タグ : 柔整師 骨折 脱臼 整復 中山塾 ほねつぎ
2010.03.13
今日も山へ上がらせていただいております。

最近は雪不足で来場者が極端に減ったため、ケガをされる方がほとんどおられませんが、

これもシーズン通しての大切な活動です。

精一杯勉強、お勤めさせていただきます。

今日も一日、自分に後ろめたくない処置が出来ますように。

患者のための処置が出来ますように!!


明日は息子達が遊びに来るようです。

楽しみです!!



<今日の一曲>

テーマ : 国家資格 柔道整復師

ジャンル : 学校・教育

タグ : 柔整師 骨折 脱臼 整復 中山塾 ほねつぎ ケガ
2010.03.06
今日は本当に平和な一日でした。

強風のためそろそろおわりのようです。

私も下山して、今日は大阪に一旦帰ります。

今日は大阪でほねつぎ復興の話をしたいと思います。

今日も一日ありがとうございました!


<GOOD SONG>
2010.03.06
また、週末のスキー場も終わりそうなので、、、

久しぶりに飲みたいですね。。。。

4月にまた再開します。。

口伝「中山塾」、ほねつぎ実践「中山塾」ともに今年もガンガン行きます。

今年のスキー場は稀にみる雪不足で本当に残念なシーズンでした。

しかし、多くの人との出会いと多くの勉強を私にいつもと変わらず与えてくださいました。

ありがとうございました!

次のシーズンはスキー場での研修を再開します!

私ももう若いといわれる歳を過ぎ中堅の年代に突入しました。

次の世代の成長なしに「ほねつぎ復興」は達成困難です。

中山塾生とスキー場で熱のこもった修業を死ぬまで繰り返したいと思います。

「ほねつぎ」を目指すみなさん。。

中山塾に是非参加してください。

詳細はまたブログでお知らせいたします。

自分に後ろめたくない仕事をしたいと考えるなら、、

柔整師はほねつぎ修業をしなくてはなりません。

バカだと呼ばれても、、あんなことやっても仕方がないといわれても、、

私たちは一生「ほねつぎ」なのです。

私たちが活躍出来る時がやってきたとき柔整師に準備は出来ていますか?

柔整師は活躍できる場を求めて準備万端で動けますか?

学生、資格者皆で取り組まなければならないのが「ほねつぎ復興」です。

先日息子と串カツ屋で飲んでました。

隣に座ったご婦人がマスターと話をしているには・・・・

「あそこの○○接骨院は顔のマッサージしてくれるからいいねん!」

「こっちは院長センセはマッサージきつすぎるし、助手みたいな子は頼りなさすぎるし~」

「そうそうこっちは院長センセ一人やから 手抜きしはるで・・・」

「ほんであっちの●▽整骨院は長く揉んでくれるで!」

一般の方がこういう話をすることについて怒っても仕方ありません。

そういう言動の元は私たち柔整師にあるのですからね。

「あの骨じいってとこ、マッサージ全然やってくれへんで!」って

いつ言われるかとドキドキしながら飲んでました・・・が

ちょっと居心地が悪いので息子とお店をでました。。。

いいと思います。うまく揉んであげるのは。

だけど、骨折が来たときにちゃんと対応できる準備を備えていることが絶対条件なんんです。

「ほねつぎ」ですから。

骨折がきて「うちでは診ないから。病院に行って。」と堂々と言えるところが

ほねつぎ衰退の根源なのです。

ならば接骨院・整骨院・ほねつぎ・柔道整復院・・・骨折・脱臼・打撲・捻挫?

これらの名前や疾患名は看板から外すべきです。なぜやらないことを標榜するのか??

床屋さんで「ランチやります!」って書くようなもの?ですね(ちょっと乱暴)。

そこを改めなくてはならないのではないでしょうか? 間違ってますかね?骨じいは。

みなさんは柔道整復師(ほねつぎ)の免許をもらって、それを掲げて仕事をしているわけです。

やらないんなら、免許を返還すればいいのです。返還せずとも使わなければいいのです。

療術院として生計をたてるべきなのですよ皆さん。

ほねつぎとは「骨を接ぐ」ことを許された資格なのです。

医師は「人体に影響を及ぼす」危険な行為を許された資格なのです。

ほねつぎが、ほねつぎをやらずに慰安に対して保険請求していることは

医師が患者の脱毛(美容目的)をしただけなのに、Ⅲ度の熱傷で皮膚移植した事にして

保険請求するのと同じですよ(かなり乱暴すぎました

慰安マッサージは自費でやって、外傷もちゃんと保険で診てあげればいいのです。

慰安マッサージのみで、うちでは外傷やんないよってスタンスの整骨院は排除されるべきです。

若しくは名称変えてやってください。誰も何も言いませんから。。

ダラダラと日記を書いてる骨じいは本日よっぽど暇なのですね。

雪不足と強風で滑ってる方があまりいない様子です。

今日は酔ってませんがダラダラとごめんなさい。。



<今日の一曲>











テーマ : 国家資格 柔道整復師

ジャンル : 学校・教育

タグ : 柔整師 骨折 脱臼 整復 柔道整復師 中山塾 ほねつぎ 整骨院
2010.03.06
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
2010.03.06
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
2010.03.06
今日も山に上がらせて頂きます!

この雪不足でもしかしたら

この週末が今年最後のお勤めになるかもしれません

寒波の到来祈ってます

今日も一日、自分に後ろめたくない処置が出来ますように。

患者のための処置が出来ますように。


タグ : 柔整師 骨折 脱臼 整復 中山塾 ほねつぎ復興
2010.03.02
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
2010.03.02
本日は院を臨時休診にして山に上がらせて頂きます。

イベントに際しての応急処置対応の依頼を頂きました。

こんな柔道整復師を信用して頂き

有難い気持ちで一杯です。

と同時にいつもと同じく

何時も患者のための処置、

自分に後ろめたくない処置が出来ますように。

日々勉強させて頂きます。
震災関連リンク
「東北関東大震災」支援クリック募金
プロフィール

骨じい

Author:骨じい
中山 辰也 44歳
中山予防医学研究所
ほねつぎ実践中山塾主宰
健柔グループ理事

現代の過剰診療に危機感を覚え、「病院へは行かない」・「お薬は飲まない」を実践しています。いたって健康!

セルフメディケーションを目指しています。

極端に言えば、救急医療を除いては、もしかして医療の大部分は必要ないかもしれない!?

そうすれば救急医療が守られるかも。。。

なんて考えている変った柔道整復師です。

冬はスキー場の救護所でケガ人の応急対応を行っています。

現在外傷処置の修業中です。

目指すは「ほねつぎ復興」そして「赤髭」。

気軽にご意見・ご指摘・メッセージいただければうれしく思います。

誹謗・中傷も大歓迎!

ただし正々堂々(実名)で、お待ちしております。

患者さんはhttp://nakayama-sekkotsu.com/をご覧ください。

QRコード
QR
FC2ブックマーク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ全記事表示
リンク


日本最大級の医療専門サイト
ネパールに野球を! 「ラリグラスの会」
FC2カウンター
FC2カウンター~現在~
現在の閲覧者数:
ブログランキング
TREview

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。