目指すは「ほねつぎ復興」・「赤髭先生」です!
--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.06.23
19日の土曜日に東京で行われた

「体幹チューニング」のスクーリング大会に参加させていただきました。

様々な分野の方々が熱心に「腹」について学んでおられました。

柔道整復師の森岡先生、歯科医師の荒井先生による臨床報告、

そして体幹チューニング創始者・須田達史先生と

元世界チャンピョンのキックボクサー小林聡さんとが

実際、体幹チューニングを行った後、シャドーボクシング・ミット打ち

の実演を披露された。

臨床報告は体幹チューニングの可能性を十分感じさせるもので

日常臨床に常に悩みを持つ私にとっては大きな参考になるものでした。

また実演では「丹田」に重心が落ちるという感覚を始めて目の当たりにしました。

私も武道に携わって30年。

「丹田」についてはずっと言われてきましたし、意識してきましたが

正直、一度も感覚したことはありませんでした(練習不足もありますが)。

しかし、小林さんのシャドーやミット打ちはまさに丹田を中心に3次元に

自由自在に動いている。ミドルキックは軸がブレないので連打も自由自在。

これが引退後3年の選手の動きなのか!?と驚きました。

軸がブレないことの凄まじさと重要性を改めて感じました。
(薄いミットで小林さんのキックを受ける須田先生にもビビりました・・・
(須田先生はキックの日本チャンプにまで昇りつめた方です!)



治療家は色々な意味で「腹」が大切なのは皆知ってます。

「腸は第二の脳」、「腹圧」、「腸内細菌」などなど・・・・

しかし本当の意味を知っている人がどれくらい居るのでしょうか?

体幹チューニングはそれを解り易く解き、そして具体的にどうすればよいかを体系づけています。

私たち治療家のみならず、全ての人において「腹」を作ることは

心身の健康、仕事、人間関係・・・・様々なことにおいて必要だと確信しました。

私も「腹」を据えて「ほねつぎ復興」そして日々の診療にあたるために

「腹」を創り「志」をもって行動したいと思います。

須田先生の言葉で印象残ったのは・・・

「言った奴よりやった奴、やった奴より出来た奴」

出来るまで諦めない!!

小林さんと  キックボクサー「野良犬」小林聡さんと



After>>
 スクーリング大会終了後、懇親会にも参加させていただきました。

 須田先生、小林さんに色々な話を伺いながら美味しいお酒をいただきました。

 また同じ柔道整復師の先生や様々な分野の方とお話が出来て大変有意義な時間でした。

 その後、伝説の武道家・竹山晴友さんのお店での二次会にも参加させていただきました。

 私が確か高校生~短大生の頃にご活躍された本当に「伝説」の武道家です。

 優しく低い声、そして物静かながら肌で感じる迫力がとても印象に残りました。

 今日は数え切れないほどの感動を頂き、若いころ抱いた胸のワクワク感が

 止まらない一日になりました。

須田先生&小林さん 須田先生&小林さん                    


竹山さんと
  伝説の武道家・竹山晴友さんと
  押忍! 


<今日の一冊>
野良犬 キックボクサー小林聡の軌跡野良犬 キックボクサー小林聡の軌跡
(2007/04/20)
小林 聡

商品詳細を見る
久しぶりに一気に読めた本!!


スポンサーサイト

テーマ : 心、意識、魂、生命、人間の可能性

ジャンル : 心と身体

タグ : 体幹チューニング 須田達史 小林聡 竹山晴友 新極真
2010.06.14
昨日、午前診療を終えて

筋肉ドクターと一緒に介護施設を見学に出かけました。

介護にはかなり大きな問題が潜んでいます。

帰りに松屋のカレーを食べながら理想と妄想を語り合いました。

実に楽しかったです。

筋肉ドクターは大した男です。

100年に一人の男じゃないですか?きっと。

そして松屋のカレーはなかなかです・・・(笑)

本当に日本国民がパワフルに人生を謳歌するには?何が必要なのか?

筋肉ドクターと骨じいにははっきり見えているのです(笑)。

介護にちょこっと携わった経験と昨日の介護施設見学で

より鮮明に問題点が浮き上がりました。

理想を現実にするため同志を募っていますよ!

どんどん筋肉ドクターと骨じいに絡んで下さい。

条件は『志』を持っている。それだけです。

それが最高の能力なので・・・

『理想ばかり語りやがってコノヤロー』という人間には

『理想すらも語れないのか、バカヤロー』と

優しく微笑みます

乾杯!



2010.06.14
以前、口伝中山塾の開催などお世話になっていますゴルカバザールのタパさんが

ついに2号店を開店しました。

すごい男です!

場所は場所は日本橋2番出口から徒歩5分。

つるとんたんをとおりすぎた宗右衛門町の看板のすぐ近くの

宗右衛門町セントラルビルの地下1階です。
(住所:大阪市中央区宗右衛門町1-12 宗右衛門町セントラルビルB1)

お店の名前はLamjung(ラムジュン)

ラムジュン

掘りごたつで頂くネパール料理は格別です。

みなさん!会合や飲み会などなど・・・・

どんどん飲みに行ってくださいね。

生きるパワーの欲しい人は「ゴルカ」&「ラムジュン」へGOです。

明日のパワーを頂けます!!


テーマ : お店紹介

ジャンル : グルメ

タグ : ゴルカバザール タパ ラムジュン ネパール料理の店
2010.06.11
9日の水曜日は体幹チューニング創始者の須田さん主催の

「大阪本気の会」(←小西社長の火の玉ブログ)

に参加させていただきました。

本気の会

凄~いメンバーばかりで圧倒されましたが、最高に旨い酒が飲めました。

本気の会に参加させていただき感じたことは

「俺はまだ本気じゃない」ということ

本気の人間の本気の話を聞いて、本気で走ろうと改めて決めました。

やるよ!!

「ほねつぎ復興」

須田さんありがとうございました!!

テーマ : 自己探求

ジャンル : 心と身体

タグ : 体幹チューニング 須田塾 本気の会
2010.06.08
理詰めしなけりゃ話出来ない人間とは付き合えないね。

直球ストレートで付き合いたいものです。

タヌキはゴメンです。

骨じいには近寄らないように。

テキーラ2杯目の骨じいでした。

近々きっぱり縁を切りたいと思います。

覚悟!乾杯!

2010.06.07
先日、ほねつぎ実践中山塾生から連絡を頂きました。

顎関節片側脱臼の患者が来院し整復成功したとのことです。

「ほねつぎ」をやってますね。

素晴らしいことですし、嬉しく思います。

整復法はもちろん口外法です。

口外法で分かることは、整復に牽引は必要ないということです。

あとは、

①術者、患者の安定した体勢を整える
②あせらないこと
③自分本位に動かし過ぎないこと
④潤滑を意識すること

これが脱臼の整復に必要だと思います。

まずは整復法を覚えるのではなく、

解剖学的状態を把握することが大切です。

肘内障の整復を例に挙げてもそうです。

あまり肘内障の状態を熟考したお話は聞きませんが

解剖学的に把握すればおのずと整復法が生まれます。

私は①回内法→②回外法の順序で行いますが

先日、ある先生のブログで興味深いことが載っていました

→ 門出正治の治療のソムリエブログ

回内法の方が成功率が高く痛みも少ないとのことです。

当然のことなのですが。。。でもこういう記事を拝見させていただくと益々考えることが

楽しくなってきます。

ほねつぎという仕事はなんて楽しいのでしょうね。

テーマ : 国家資格 柔道整復師

ジャンル : 学校・教育

タグ : 柔整師 整復 中山塾 ほねつぎ 肘内障 顎関節脱臼
2010.06.04
<心肺蘇生>胸押し続けて 人工呼吸しなくても効果…京大
心肺蘇生には人工呼吸より、とにかく胸を押し続けて--。従来の救命措置の“常識”を覆す簡単な手法の普及に京都大の石見拓(いわみたく)助教(救急医学)らが取り組んでいる。「救命措置法の普及の壁を破る手法」として海外での評価も高く、今年秋には国際指針となる見込みという。
 事故などで心肺停止に陥った時、蘇生が1分遅れると救命率が約10%下がるとされる。日本救急医療財団は一般の人向けに、人工呼吸と、胸部を一定のリズムで圧迫する心臓マッサージとを組み合わせた心肺蘇生法のガイドラインを策定しているが、口と口をつける人工呼吸への抵抗が根強く、普及は頭打ちになっていた。
 石見助教らは、病院外で心停止した大阪府の18歳以上の男女約4900人の1年後の状態を、心臓マッサージによる胸部圧迫だけと、人工呼吸を併用した場合とに分けて調べた。その結果、胸部圧迫だけでも4.3%が脳機能を回復しており、人工呼吸を併用した場合の4.1%と差がなかった。胸部を押すことで脳にも血液が送られたとみられる。
 この成果を受け、石見助教はNPO法人「大阪ライフサポート協会」(大阪市)とともに胸部圧迫の訓練キットを開発、09年から講習会を各地で実施。6月20日には大阪市東淀川区でも開く。
 心肺蘇生法の国際指針に影響力を持つ米心臓協会もこの結果に注目。既に米国内では心肺停止した大人には、胸部圧迫のみの蘇生法を指導しており、秋に公表予定の新国際指針でもこの蘇生法が採用される見通しだ。
 日本救急医療財団の島崎修次理事長(救急医療)は「人工呼吸は心肺蘇生法普及の壁となっていた。いずれ日本のガイドラインも変更されるだろう」と話す。講習会の問い合わせは大阪ライフサポート協会(06・6370・5883)。【林田七恵】
05月30日 09時56分



これはかなり以前から言われていたことですが、データ的にもやはりあまり差が無いんですね。

とにかく脳の血流を絶えさせないことが重要なのですね。

それにしても4%そこそこしか脳機能が回復していないというのも

課題です。

これは蘇生出来た人を対象にした4%なのか、蘇生できなかった人も含めての4%なのか?

によっても変わりますから分かりませんが、

とにかく、心臓マッサージを可能な限り早期に開始し

止めないことが最重要ですね。

一人の人間として、医療の一端を担う者として

目の前の人を助けるために、動ける自分でありたいものです。

健柔グループのセミナーでも、今年中に救急法の講習会を開催したいと思います。


テーマ : 国家資格 柔道整復師

ジャンル : 学校・教育

タグ : 救急法
2010.06.01
先週土曜日に開催した口伝中山塾の後、

森岡理事の御計らいである方にお会いさせていただきました。

「体幹チューニング」の創始者須田達史先生です。

私が大好きなキックボクサー小林聡選手を世界チャンプに導いた

影の支援者。

強烈な胆力と情熱をビリビリ感じて正直ビビりました。

軸がブレない・・・とはこういうことか・・・・と。

腹は身体の中心であり軸の最重要ポイント。

腹を造ることで身体も心もブレない。

私はまだ学んでいませんが、理屈抜きにそう感じました。

まだまだ学ぶことが山ほど残っています。

楽しみです!!

須田先生、森岡先生 ありがとうございました!!!

テーマ : 心、意識、魂、生命、人間の可能性

ジャンル : 心と身体

タグ : 体幹チューニング 須田達史 小林聡
震災関連リンク
「東北関東大震災」支援クリック募金
プロフィール

骨じい

Author:骨じい
中山 辰也 44歳
中山予防医学研究所
ほねつぎ実践中山塾主宰
健柔グループ理事

現代の過剰診療に危機感を覚え、「病院へは行かない」・「お薬は飲まない」を実践しています。いたって健康!

セルフメディケーションを目指しています。

極端に言えば、救急医療を除いては、もしかして医療の大部分は必要ないかもしれない!?

そうすれば救急医療が守られるかも。。。

なんて考えている変った柔道整復師です。

冬はスキー場の救護所でケガ人の応急対応を行っています。

現在外傷処置の修業中です。

目指すは「ほねつぎ復興」そして「赤髭」。

気軽にご意見・ご指摘・メッセージいただければうれしく思います。

誹謗・中傷も大歓迎!

ただし正々堂々(実名)で、お待ちしております。

患者さんはhttp://nakayama-sekkotsu.com/をご覧ください。

QRコード
QR
FC2ブックマーク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ全記事表示
リンク


日本最大級の医療専門サイト
ネパールに野球を! 「ラリグラスの会」
FC2カウンター
FC2カウンター~現在~
現在の閲覧者数:
ブログランキング
TREview

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。