目指すは「ほねつぎ復興」・「赤髭先生」です!
--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014.01.29
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
2014.01.28
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
2014.01.26

今日のびわ湖バレイは豪雪。

早期クローズの為、

救護所も早めにたたんで下山します。

前腕遠位端骨折のあと、

肋骨骨折が終了間際にありました。

機能テープを貼って終了しました。

肋骨骨折の機能テープについては、

また機会があれば詳しく紹介します。

ほねつぎ復興!
2014.01.26
本日は強風で視界も悪く、比較的ケガをされるお方は少ないですが、

昨日からの雨で雪が溶け、気温が下がって雪が締まるために、

外力の入力場所から比較的近いところを負傷するようです。

つまり手を着いて転倒すれば、前腕遠位端が破壊されます。

つまりColles骨折です。

先程も、15歳の男性が手を着いて転倒され、前腕遠位端骨折を起こしました。

転位がほとんどありませんでしたので、背屈転位のみ除去しプライトン背側固定で

終了しました。

2014/1/26 1

2014/1/26 2



テーマ : 健康で元気に暮らすために

ジャンル : 心と身体

タグ : 柔整師 骨折 整復 ほねつぎ 中山塾 脱臼 柔道整復師 整骨院 ケガ
2014.01.26
週末救護所へ詰めると、

寝起きのパターンが

図らずも良くなります。

周りに遊ぶところが無いからです(笑)

昨晩もナイター終了後、

散歩がてらにコンビニひへ買い出し。

コンビニ近くの居酒屋で

生中を一杯だけ!とガマンできず・・・・

ところが一軒目は満員で入れず。

二軒目アタックも

ラストオーダー時間切れ(>_<)

時間は夜9時です(笑)

仕方なくテクテクと寮へ。

往復4~50分。

雨に濡れながらですが、

ちょうど良い生理歩行が出来ました。

生中一杯を計算に入れ、

コンビニでは缶ビール一本のみ購入・・・

仕方ないですね。

大事に大事にのみました。

11時には床に入り就寝。

5時起床。

いいパターンです。

都会で仕事をしていると

そうはいきませんからね。

いろんな誘惑にフラフラと・・・・みたいな(笑)

さぁ今日1日、

万全の体調で救護所活動に臨みます!

ほねつぎ復興!!!
2014.01.25
今日は比較的平和ですが、先程左母指末節骨骨折(疑い)と肩鎖関節脱臼ⅲ度が発生。。

指の末節は爪がありますので、爪下出血でも強い痛みが出ますので、細かな圧痛検索

が必要となります。

みるみる皺が減り腫脹が出現してきました。

骨折があったとしても、後の機能に問題がないことを伝え、

アルフェンス背側固定にて整形外科受診をススメました。

肩鎖関節脱臼は先ず四つん這いになってもらい、その後鎖骨の外側端を後下方に

軽く圧をかければ、整復されます。

しばらく整復圧を保持した後、身体を直立させてそのまま軽く胸を張ります。

kensakansetsu dis syoumen

kensakansetsu dis uemen


その状態を維持するように、三角巾を使ってうまく提肘をして整形外科を紹介しました。

今日はナイターもありますので、まだまだ続きます。


ほねつぎ復興!!

テーマ : 健康で元気に暮らすために

ジャンル : 心と身体

タグ : 骨折 脱臼 整復 ほねつぎ 柔整師 柔道整復師 中山塾 ケガ 筋肉ドクター 整骨院
2014.01.25
今週は自院でも急患の多い一週間でした。

鎖骨骨折(第三骨片あり)

鼻骨骨折

突き指

足関節捻挫

ぎっくり腰 などなど


そして本日、明日とは救護所活動です。

今のところは平和ですが、、、、

今晩より雨になるようです。

集中して処置、手当にあたります。


ほねつぎ復興!!

テーマ : 医療・病気・治療

ジャンル : 心と身体

タグ : 柔整師 骨折 整復 ほねつぎ 中山塾 脱臼 柔道整復師 整骨院 ケガ 筋肉ドクター
2014.01.13
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
2014.01.13
ようやく山麓に到着してロープウェイに乗り込む。

山頂に到着してスタッフM君より「脱臼の方がお待ちです」と。。

小走りで救護所へ向かう。

肩関節の前方脱臼の方と大腿部の打撲・膝捻挫の方がお待ち。

聞いてみると4度目の脱臼とのこと。

今まではヒポクラテスで整復してもらっていたそうだ。

すぐに服を脱がせて素早く触診を済ませて整復に入る。

もちろんヒポクラテス。

反復性脱臼の方の整復は、今まで整復された方法を取るのがベスト。

容易に整復。

痛みに対する感受性はそれぞれ違いますが、出来るだけ痛みを誘発しない

方法が、負傷者を緊張させないことに繋がり、整復を容易にしてくれる。

bankartの話をして処置終了。

その後、大腿打撲と膝捻挫の診たてをして、アイシングと自宅での実行を指導し処置終了。

今日も平和ではなさそう。。

それでは集中して行きます。


ほねつぎ復興!!

テーマ : 医療・病気・治療

ジャンル : 心と身体

タグ : 柔整師 骨折 整復 ほねつぎ 中山塾 肩関節脱臼 肩脱臼 柔道整復師 整骨院 ケガ
2014.01.13
本日連休最終日。

またまた京都線が遅れています。

なんでも鹿と接触したらしい。

今朝は6時半からストロング・デポでの朝トレ、朝ご飯後に出発。

ちょうど鹿肉について話していたところでした。

鹿ちゃんは大丈夫かな(≧ヘ≦)

ようやく志賀駅到着です。

今年の京都線はよく遅れるな(≧ヘ≦)
2014.01.12
今日は入場者数に比例して、多くの負傷者。

腰椎横突起骨折(L1~L4)1名

Colles骨折不全含めて2名

顆上骨折1名

膝捻挫1名

肩関節前方脱臼1名

頭部打撲1名

その他・・・・

あと少し集中していきましょう!

ほねつぎ復興!!
2014.01.12

本日連休2日目の救護所です。

路線バスの乗り場にも列が出来ています。

入場制限がかかるほどの来場者が予想されています。

雪、天気のコンディションは最高です。

今日みたいな日は残念なことに救護所も混雑する事が予想されます。

集中しながらも平和な1日を願っております。 タグ : 柔整師 骨折 整復 ほねつぎ 中山塾 脱臼 柔道整復師 整骨院
2014.01.11
あれから同じく前腕遠位端骨折の男性。

兵庫の専門学校教員のM先生が

処置にあたりました。

整復良好でしたので、そのまま副子固定と提肘。

その他、膝の打撲や捻挫。

母指の捻挫。

衝突による下腿の打撲。

指の捻挫。

切創等がありました。

常に冷静に、確実に判断出来る事を

見誤らない。

集中力です。

それでは!

ほねつぎ復興!
2014.01.11
今日は三連休の第一日目。

寒いです。。

お昼過ぎて前腕遠位端骨折。

あわや開放骨折という状態でした。

慎重に整復を行い。

クラーメル副子とスダレ副子にて固定し、医療機関に行って頂きました。

骨片のささくれで組織を損傷しないように、丁寧、慎重、かつダイナミックに。。

出血量が多そうなので心配ですが、、、

一日目後半。

集中力を欠かないように気合を入れて行きます。

ほねつぎ復興!!

テーマ : 医療・病気・治療

ジャンル : 心と身体

タグ : 骨折 脱臼 中山塾 前腕骨骨折 Colles 整復 固定 副子
2014.01.11
〈本日のびわ湖バレイ天気〉
天気:晴れ
気温:-7度
風:やや強い


今日から三連休の救護所活動が始まります。

正月の活動で足りなかった衛生材料を補充です。

平和な3日間を望みます。

ほねつぎ復興!
2014.01.08
小児診察の難しさは誰しも経験するところです。

特に肘内障や脛骨骨折で、親御さんが現場を目撃していなかった時です。

何を持って判断し、絞り込んでいくのか?

そして、どこが自分の手の離しどころなのかをしっかり判断しなくてはなりません。

総てを見抜く事の出来る人間なんていません。

自分で判断がどうにもつかなくなったなら、眼を変えて判断してもらうのが、患者の為なのかもしれませんね。

とはいっても、そのタイミングを逃してしまうこともありますが・・・・

「小児診察のコツ」という題目がありますので、「小児」で検索してみて下さい。

ご参考に。
2014.01.08

本日の救護所活動終了しました。

今日は一日中雨。

救護所も本年初めてケガ人0の平和な一日でした。

感謝!

今週末は三連休。

シーズン中、最繁忙日の第一弾です。

気合いと集中力でケガの手当て、処置に当たります。

ほねつぎ復興!
2014.01.08
本日も救護所へ詰めております。

電車が遅れ、遅くなりました。。

今日は天気が悪く、視界が悪い。

しかも平日で来場者も少ない。

視界の悪い時には、案外ケガが少ないもの。

スピード出さず、慎重になるからかな。

視界良好の日も常に慎重になれると良いですね。

ケガが多発するのは、、、

○ 滑走一~数本目・・・身体が慣れていないのかな?

○ 昼食後・・・満腹で判断力も鈍るのかな?

○ 最後の一本・・・疲労と集中力の低下かな?

今日の救護所活動も無事で終われますように。

話は変わりますが、、たかじんさんが逝ってしまった・・・黙祷。




テーマ : 人生を豊かに生きる

ジャンル : 心と身体

タグ : 柔整師 ほねつぎ 中山塾 柔道整復師 骨折 脱臼 整骨院 ケガ
2014.01.07
ほねつぎ・・・・

益々この言葉が薄れていくと感じる今日この頃です。

一般の方々や整形外科から柔道整復師がほねつぎと認知されなくなったには、

それなりの訳と歴史があるのです。

現在の養成学校で長年臨床を経験して来られた先生がどれほどおられるでしょうか?

もっと言えば、臨床の難しさにぶつかって、悩みに悩んで、未だに悩みながら

考え続けている先生が教鞭をとっておられるでしょうか?

確かに教科書に載っていることは、基本であって大切な内容です。

それを否定する気はありません。

しかし、その基礎から大きく広げて考えることが出来なければ、臨床では躓く事

ばかりです。

知識の上に必要なのは、それを理解し臨機応変に対応できる経験に基づいた

想像力と応用力です。

その応用力を身につけるには、基礎を持って臨床にぶつかり応用力の大切さが

身に沁みている先生に学ばなければなりません。

そんなほねつぎを目指して一緒に研鑽を積みましょう!


日 時 : ①2月22日(土)~ 23日(日) 1泊2日

場 所 : スキー救護所(滋賀県)

費 用 : 詳細は申込者にのみお送り致します。

募集定員 : 2名 

受講資格 : 養成学校の現役教員及び教員見習い

      ※ 特に外傷経験の少ない先生方対象

申  込 :締切は1月12日(日)

下記項目をbonesetter2011@gmail.comまで。

      件名に必ず「救護所2014」と明記の上お願いします。


     ①氏名
     ②資格区分及び勤務専門学校
     ③住所
     ④当日連絡のつく電話番号
     ⑤e-mailアドレス
     ⑥外傷手当、処置経験
     

テーマ : 医療・病気・治療

ジャンル : 心と身体

タグ : 柔整師 骨折 整復 ほねつぎ 中山塾 脱臼 柔道整復師 整骨院 ケガ 筋肉ドクター
2014.01.07
本日の救護所活動も無事大きなトラブルもなく終了しました。

本日は前腕の骨折(Colles)と手関節部の切創、そして肘の不明な外傷がありました。

手関節部は橈骨動脈の走行部でもあり、もう少し深部に傷が進めば動脈損傷もありえました。

運良く動脈損傷は免れ、圧迫止血のみで出血もまもなく止まりました。

今週は明日の午後まで救護所活動を行い帰阪。

次の三連休は雪の予報ですので、負傷者が多数出ることが予想されます。

明日、三連休と集中して行きたいと思います。

そして明後日からは自院の診療初めです。

八時半~

こちらも集中して参りたいと思います。

この環境に感謝!!

ほねつぎ復興!!
2014.01.07
先程、スノーボードで左側に転倒した21歳の女性。

肘関節周囲の疼痛を訴えて来所。

40分程度経過しているそうだが、目立った腫脹はない。

しかし痛みは著明。

毎年、1シーズンに同様の例と必ず遭遇するが、なんとも判断がつかない。

一応、彼女にもそう伝えて診療を開始。

肘関節を緩やかに屈曲すると激痛の様子。

少し、筋腱が脱転するような感触。

17年間分からないこの外傷はもしかすると、筋腱の亜脱臼なのかもしれない。

つまり、小児で言うところの肘内障に近いのかもしれない。

屈曲時に痛みや不安感を感じるということは、その状態が整復寸前の状態かもしれない。。

ゆっくりと痛みを可能な限り誘発させないように気をつけて屈曲していくと本人にも

認識できる僅かなクリックを触知。

完全ではないが、痛みは半減。

もしかするとそうなのかな・・・

今シーズンでこの謎が解けるかもしれない。

テーマ : 健康で元気に暮らすために

ジャンル : 心と身体

タグ : 骨折 柔整師 整復 中山塾 柔道整復師 整骨院 ケガ 肘内障
2014.01.07
来る1月18日(土)に健柔グループ主催の新年会が開催されます。

今回の新年会もGOODな講演が目白押し!!

17時スタートで第一弾として、あおば堂薬局の野村社長の経営に関するご講演。

そして17時半からはJHITA(日本ハイインテンシティトレーニング協会)の安田会長による

「筋トレは裏切らない! HITの極意」という演題でご講演いただきます。

私の院も、自立支援型に大変身しつつあります。

つまり、施術スペースには診察台と座位診察台のみ。

あとのスペースには、ノーチラスのトレーニングマシンを中心に、フリーウェイト、

有酸素マシンとトレーニングマシンが所狭しと配置されています。

これからは、応急処置に加え、患者が受身ではなく主体的に自らの身体を変えていく

お手伝い・・・・これが未来の柔道整復師像ではないかと考えています。

施術は治癒機転に載せるための、単なるきっかけ作り。

それを知り、大改革を行っていかなくてはなりません。

それも見せかけだけでは行けません。

かつて、数々の健康法がそうだったように、普及ということだけに重きを置きすぎれば、

効果が不確かでも楽に続けられさえ出来ればよいるといった風潮が蔓延し、

本当に効果的な運動、体育の普及が困難になります。

楽して身体は強くなりません!

ただし楽しく身体を強くすることは可能なのです。

そこに我々がファシリテーター(促進者)として果たせる可能性は大変大きなものではない

でしょうか?

そう言った意味でも、一人でも多くの医療関係、治療家の皆さんにも聞いてほしいのです。

本物は本物から学ぶべし!

安田会長はボディビルの世界で超一流の活躍をされた方です。 本物中の本物です。

ボディビル・・・すなわち「カラダ造り」の究極の競技がボディビルだと思います。

それを競技だけではなく一般の方にも広く認知されれば今の医療業界は大きく変革を遂げるに

違いありません。

健柔グループの会員皆様だけではなく今回は非会員の方々のご参加も受け付けます。

非会員の方々のご参加は新年会の懇親パーティ含めて5,000円でご参加いただけます。

是非のご参加お待ちしております。

日  時 : 1月18日(土) 17時~19時 講演会

                19時~新年会

会  場 : ハートンホテル南船場

会  費 : 健柔グループ会員 無料(2名以降3,000円)

       一般 5,000円

 ※一般の方は私、骨じいにメールでお知らせください。bonesetter2011@gmail.com

件名には必ず「健柔新年会」とご記載ください。


2014.1.18健柔セミナー

テーマ : 健康で元気に暮らすために

ジャンル : 心と身体

タグ : JHITA 安田強 高強度 HDT ヘビィデューティ マイクメンツァー 健柔会
2014.01.07
先程は14歳の男の子のcolles骨折がありました。

野球少年でとても素直でかわいい男の子でした。

騎乗転位とまでは行きませんが、背側への転位が少し見られましたので、

徒手整復を行いました。

無牽引で掌側への屈曲と回内を同時に行います。

これにより骨膜がヒンジとなってある程度のところへ収まってくれるのです。

固定はプライトンの背側副子を作成して綿包帯で固定を行いました。

肢位は基本的には中間位で良いと考えています。

管理の中途から暫時回外位に変えていくケースもありますが・・・

これについてはいずれ詳しく。。

ほねつぎ復興!! 

以上。。

テーマ : 医療・病気・治療

ジャンル : 心と身体

タグ : コーレス 骨折 ほねつぎ 中山塾 脱臼 柔道整復師 ケガ 前腕 フォーク背状
2014.01.07
今日は気持ちの良い天気です。

骨じいだけに朝4時に目が覚めました。

昨日の肘頭骨折は仕事の関係でどうしても早期の手術が出来ず、

来週の手術が決まりました。

負傷後時間が経ってからの来所でしたので、腫脹がひろがり触知しづらい状況ですが、

慎重に触診を進めると、骨片を確認する事が出来ました。

1.5cmほどの離開。

処置は?

その後しばらくはどうしても仕事に戻らなくてはならない。

つまり固定が出来ない。

ということで生理的局所冷却(氷での局所的な冷却)のみです。

ラップを使って氷のうを固定。

融解後は水でのレオロジー効果が継続的に働きます。

そもそもどうして負傷後本人は放置していたか?

仕事が多忙だったため。

当初はそこそこに動かせていた。

です。個々人によってその場の状況は様々です。

腫脹によって肘の屈曲が徐々に困難となり来所されたのです。

解っているとは思いますが、一般に言われるように「折れていたら動かせない、歩けない」

は有りません。

大腿骨頸部骨折でも自分で歩いてくることがありますし、、、そんなこんなを

念頭においての対処が必要です。

念のため。。。

それでは今日も集中力です。。 タグ : 肘頭骨折 柔整師 骨折 整復 ほねつぎ 中山塾 脱臼 柔道整復師 整骨院 ケガ
2014.01.06
本日は平日ですが、来場者も多くケガを負われた方も予想に反して多かったです。

大きな外傷としては、鎖骨骨折及び肘頭骨折。

鎖骨はまず四つん這いになってもらいます。

なった瞬間は痛みますが、数秒すれば痛みは落ち着きます。

これも、四足獣に鎖骨のない動物が多いことを考えると、四足時の必要性という観点で

考えれば当然のことかもしれません。

あとの応急処置は、殺法でいう鎖骨折りの体勢(チキンウィング)ををとらせることで

安定します。

昔の三角巾法の中にはそんな応急固定の術が残っています。

先達の考えることは本当に理にかなっています。

sakotu2014010602

sakotu20140106
タグ : 柔整師 骨折 整復 ほねつぎ 中山塾 脱臼 鎖骨 肘頭
2014.01.02

今日はびわ湖バレイに上がっております。

車の大渋滞で遅くなってしまいましたが、タイミングがいいというか・・・・

インドネシアからの留学生が腕を三角巾で吊り悲壮な顔でソロソロ歩いている。

どうしたの?

と聞くとFrと。

ちょっと診せてと触ってみるとDisでした。

ロッカールームのテーブルに寝てもらい、整復完了。

今年のスタートは長く厳しい冬、そして負傷者の多さを予感させます。

また、救護所日記が本格的に復活です。

本年もよろしくお願い致します。
震災関連リンク
「東北関東大震災」支援クリック募金
プロフィール

骨じい

Author:骨じい
中山 辰也 44歳
中山予防医学研究所
ほねつぎ実践中山塾主宰
健柔グループ理事

現代の過剰診療に危機感を覚え、「病院へは行かない」・「お薬は飲まない」を実践しています。いたって健康!

セルフメディケーションを目指しています。

極端に言えば、救急医療を除いては、もしかして医療の大部分は必要ないかもしれない!?

そうすれば救急医療が守られるかも。。。

なんて考えている変った柔道整復師です。

冬はスキー場の救護所でケガ人の応急対応を行っています。

現在外傷処置の修業中です。

目指すは「ほねつぎ復興」そして「赤髭」。

気軽にご意見・ご指摘・メッセージいただければうれしく思います。

誹謗・中傷も大歓迎!

ただし正々堂々(実名)で、お待ちしております。

患者さんはhttp://nakayama-sekkotsu.com/をご覧ください。

QRコード
QR
FC2ブックマーク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ全記事表示
リンク


日本最大級の医療専門サイト
ネパールに野球を! 「ラリグラスの会」
FC2カウンター
FC2カウンター~現在~
現在の閲覧者数:
ブログランキング
TREview

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。