目指すは「ほねつぎ復興」・「赤髭先生」です!
--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015.02.22


昨日アップしなかったので

1日遅れての投稿です。

昨日は大学で教員をされているS先生と

救護所活動に臨みました。

天気、雪のコンディション

共に良く

来場者も多かった為、衝突などを含め

負傷者が相次ぎました。

骨折は前腕下端部が二件(不全)

上腕骨上端部が一件発生。

重度切創から子供の手にささくれが

刺さったものまで多岐に渡りました。

やはりいつも感じる課題は迅速な判断と

負傷者を安心させて落ちつかせ

処置を円滑にすること。

一生の課題です。

晩は美味しいお鍋を頂きました(^_^)v


スポンサーサイト
2015.02.14
本日の救護所活動終了しました。

帰りのロープウェイを待っていると、、、

パトロールのサイレン!!

トミーとマツのトミーのように耳がピクピク!!!

すぐさま救護所に戻りました。

小学5年生の膝捻挫。

晒包帯(3)、綿包帯(4)で大腿近位より下腿遠位まで固定して

下山して頂きました。

本日も無事に終了出来て感謝です。

テーマ : 医療・病気・治療

ジャンル : 心と身体

タグ : 柔整師 骨折 整復 中山塾 脱臼 整骨院 筋肉ドクター ケガ
2015.02.14
前腕下端部骨折。

整復後にプライトンで固定して近医へ行っていただきました。

整復後の不安定感からすると「粉砕」骨折が示唆されます。

大変痛みに強い女性でした。

早期のご回復をお祈りしています。

2015.2.14前腕下端部Fr

テーマ : 医療・病気・治療

ジャンル : 心と身体

タグ : 柔整師 骨折 整復 ほねつぎ 中山塾 脱臼 柔道整復師 整骨院 ケガ 筋肉ドクター
2015.02.14
昨日から降った雪で、雪質は上々のようです。

朝からスタッフの方々の治療をさせていただきながら平和に過ごしていました。

色々な悩みを抱えていますね皆さん。

自分の身体の事が分からない不安感からの悩みも多いのですね。

安心感を与えられる治療家でいたいものです。

先ほど、パトロールから負傷者搬送の連絡が。

台湾から旅行で日本へ来られている女性。

足を捻ったそう。

どう捻ったかを聞くと・・・

どうやら、足部が内旋したそうです。

痛みの部位を聞くと外果の後方を指さす。

直後ということもあってか、、腫れはほとんどない。。。

何を想像しますか?

後距腓靭帯損傷?

腓骨骨折?

・・・・

まずは、原因や腫れが無いことから疑ったのは・・・・・

腓骨筋腱脱臼。

まずは両方の足関節を軽く背屈させてみる

次に、少し強めに背屈を要請。

「バチン!」と腓骨筋腱が脱転。

「ぎゃっ!」と悲鳴。

間違いありませんでした。

動画を撮りたかったですが、再脱臼は可哀そうですので・・・・

原因の聴取や腫れの有無、痛みの部位などなど・・・

大切ですね。

再脱臼させなければ、地元(台湾)の医師にも分からないはずなので、

メモを医師に渡すように指示して、テープ・綿花・包帯で整復位固定して終了しました。

続いて前腕下端部の骨折が今。。。

後程。。

テーマ : 医療・病気・治療

ジャンル : 心と身体

タグ : 柔整師 骨折 整復 ほねつぎ 中山塾 脱臼 柔道整復師 整骨院 ケガ 筋肉ドクター
2015.02.14
本日、救護所へ詰めます。

清々しい朝です。

少しずつですが、日の出の時刻が

早くなってきました。

季節の移り変わりを感じられるのは幸せです(^O^)

さぁ今日もほねつぎ復興を目指して全力です!
2015.02.01
今日は名古屋で春からスタートする、

パーソナルトレーニングの体験でした。

20150201165623ed3.jpg


2名お越し頂きました。

お一人は元ラガーマン。

短時間で一気に力を出し切るHITに満足して頂けたご様子でした。

救護所活動は?

今年は弟子の田岡くんが独り立ちできるように

何度か一人での救護所活動を課しています。

いくら机上で勉強しようとも、

先輩や師の術を見ようとも、

真にできるようにはなりません。

ちょうど野球の球の投げ方を理論的に勉強して

150kmの球が投げれるようになり、

先輩達のプレーを何度見ていたとしても

相手との駆け引きなどの微妙な空気感までもを

制するまでにはなりません。

実際に一人でその舞台に立たない事には分かり得ない事が

山のように有るのです。

先輩や師と共に活動する勉強と

一人ぼっちでの活動勉強の

両方が必要なのです。

骨折や脱臼は何度対峙しても緊張しますし、恐い。

なぜなら二度と同じケースはあり得ないからです。

しかし多くの経験を積み重ねることで、

落ち着いた面立ちで怯える患者や負傷者に向かう事が出来、

相手に安心感を与えることが出来るようになるのです。

そして迷いなく術を行使出来るようになると思うのです。

そしてなにより一度や二度の整復成功は「まぐれ」の連続だと

知る事ができるのです。

結果、失敗に対する対処を学ぶことが出来るのです。

頑張れ田岡!!(写真は昨日の前腕下端部骨折の固定by田岡)

201502011649275fe.jpg


20150201164921730.jpg

タグ : 柔整師 骨折 整復 ほねつぎ 中山塾 整骨院 ケガ
震災関連リンク
「東北関東大震災」支援クリック募金
プロフィール

骨じい

Author:骨じい
中山 辰也 44歳
中山予防医学研究所
ほねつぎ実践中山塾主宰
健柔グループ理事

現代の過剰診療に危機感を覚え、「病院へは行かない」・「お薬は飲まない」を実践しています。いたって健康!

セルフメディケーションを目指しています。

極端に言えば、救急医療を除いては、もしかして医療の大部分は必要ないかもしれない!?

そうすれば救急医療が守られるかも。。。

なんて考えている変った柔道整復師です。

冬はスキー場の救護所でケガ人の応急対応を行っています。

現在外傷処置の修業中です。

目指すは「ほねつぎ復興」そして「赤髭」。

気軽にご意見・ご指摘・メッセージいただければうれしく思います。

誹謗・中傷も大歓迎!

ただし正々堂々(実名)で、お待ちしております。

患者さんはhttp://nakayama-sekkotsu.com/をご覧ください。

QRコード
QR
FC2ブックマーク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ全記事表示
リンク


日本最大級の医療専門サイト
ネパールに野球を! 「ラリグラスの会」
FC2カウンター
FC2カウンター~現在~
現在の閲覧者数:
ブログランキング
TREview

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。