目指すは「ほねつぎ復興」・「赤髭先生」です!

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログ完全復活

2009.03.20
さァ ブログ再開です。

なぜ、突然閉鎖したのか?? なぜ、突然再開したのか??

今いろいろと考えています。

今期は後進の指導に専念します。

しかしそれは今期中に一旦休止したいと思います。

長年やってきたグループも一旦解散

一匹で頑張ってみたいと思います(もともと一人が好きな暗い性格ですが)。

来年からしばらくの間、私は自分の修行と患者、家族のために全てを捧げる!!

と決めました。

いつまでかはわかりません。。

一生涯かもしれません。

とにかく今そう考え決心しました。

これは今まで色々と手を出し、いろいろなことを人一倍やって(努力不足ですが・・・)、、、

失敗もして、、成功?もして、、騙されもして、、利用されもして、、などなど

いろんな経験をしたことを踏まえて出した今の結論です。

「私には人を教育する能力・資格なし」

「一つのことしかできない」

「今の医療の方向性はチッっと違うので、もう一度冷静に見つめなおしたい」

なのでもう一度私は一からやり直したいのです。

ですので、スキー場での内弟子・外部含め研修は今年がひとまずの終結です。

来年からは私の一からの出発・修行の場としたいと思います。

なので、今年は本気の人に一人でも多く来て、ほねつぎを目指すきっかけにして欲しいと思います。

今は(このブログを書いているとき2/1)、誰にもこのことを話していません。

私のかわいい弟子たちにもまだ話していません。

弟子に話をしてから公開しようと以前から書き留めておきました。

弟子のみんなには一層の飛躍をしてもらいたい。。

私のそばではこれ以上の成長をできないのではないかと常々考えていました。

もっと外へでて、厳しさや立ち振る舞い、患者に対する姿勢をはじめ多くのことを学ばなければなりま

せん。

急がねば修行できる期間は意外に短いのです。

しっかり走り続けてもらいたいものです。

私ももう一度、厳しさや立ち振る舞い、患者に対する姿勢などなど多くを修業しなくてはなりません。

今週末でスキー場救護所もおそらく終了でしょう。

ここから私の新たな出発です。。

予医研のみんな、今までありがとう!! 今後の発展を期待します!!

2009/2/1 記 中山達哉こと骨じい
simen
スポンサーサイト

テーマ : 国家資格 柔道整復師

ジャンル : 学校・教育

タグ : ほねつぎ
コメント
No:156|Re: お邪魔しました(^^)
★KEEP BLUE★さん
ブログ訪問ありがとうございます。
今後ともよろしくお願いします。

2009/03/28 14:12|by 骨じい|骨じい URL|編集
No:155|お邪魔しました(^^)
こんにちは(^^)
今日は朝から天気が悪いので、遊びには行かず
家で仕事しながら、1歳の娘とPC覗いていました(^^)
時間があるときに、またゆっくり寄らせていただきます。
ブログ応援してます(^_^)/
ブログお互いがんばりましょう!!
それでは。失礼します。
2009/03/25 23:50|by ★KEEP BLUE★|★KEEP BLUE★ URL編集
No:154|骨太先生
>長野の研修はどうでしたか?
凄い環境に飛び込んでいこうとしている骨太は本当にすごいと思うし、その若さでうらやましい!
私の歳まではまだ15年間あるぞ!!
私は39でまだこんなレベルです。。15年後、私の遥か上を行ってるだろうな。。楽しみにしています。
「ほねつぎ実践塾」は続けます。。
先日適塾(緒方洪庵先生)に行ってきました。
あの環境のなかで、日本の医療を切り開いた精鋭達は日々修行を繰り返していたのです。
適塾には「整骨学」の書籍もあったぞ!きっと素晴らしい学問なんです。
私たちも大阪発進で、現代の適塾を目指してそれぞれの世界で修行し、最高のほねつぎ道を目指しましょう。
うれしい言葉ありがとう!また、救護所修行再開・・・あるはずです!!
2009/03/23 12:32|by 骨じい|骨じい URL|編集
No:152|
骨じいが悩んでいたとは…
ブログ閉鎖した時に何かあるのではと思いましたよ(笑)
でもこんな事だったとは…
救護所共に参加させてもらえないのは大変残念です
骨じいの用意してくれた環境で骨じいに守られての処置だったので甘えがでて、緊張感が落ちてたと今思います
何があろうとも骨じいは私の中での師匠なのでこれからもご指導お願いします!
せめてほねつぎ塾はして欲しいです
2009/03/22 19:02|by 骨太|骨太 URL|編集
No:150|No title
ストレッチもそうですし
マッサージなんかはどうなのかと
思いまして、
後、肉離れの後療方法とか、五十肩に対する治療なんかもお聞かせ願いたかったのですが・・・
2009/03/20 17:07|by バビンスキー|バビンスキー URL|編集
No:149|Re: Re: No title
> >それはストレッチという意味ですか?
> 生理範囲ならOKじゃないでしょうか。
> ただ関節の潤滑なしに筋を引き伸ばすことはあまり意味無いように思います。
> 筋に求められるのは、必要な時に硬化・膨張して動きを作ることや支持であって、そこに不一致や遅れが出るから損傷する・・・・
> であれば筋がわずか伸長されたところで障害を防止できるとは考えにくいですね。
> ケガの防止には、関節の潤滑と筋の正常な反応・協調性が大事なような気がします。
2009/03/20 15:38|by 骨じい|骨じい URL|編集
No:146|No title
今日は、本当に残念です。
構造医学面白かったです。

そこで一つ質問です。
関節は牽引してはいけないのは理解できましたが、筋肉に対しては牽引はOKなんでしょうか?
2009/03/20 09:23|by バビンスキー|バビンスキー URL|編集
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

震災関連リンク
「東北関東大震災」支援クリック募金
プロフィール

骨じい

Author:骨じい
中山 辰也 44歳
中山予防医学研究所
ほねつぎ実践中山塾主宰
健柔グループ理事

現代の過剰診療に危機感を覚え、「病院へは行かない」・「お薬は飲まない」を実践しています。いたって健康!

セルフメディケーションを目指しています。

極端に言えば、救急医療を除いては、もしかして医療の大部分は必要ないかもしれない!?

そうすれば救急医療が守られるかも。。。

なんて考えている変った柔道整復師です。

冬はスキー場の救護所でケガ人の応急対応を行っています。

現在外傷処置の修業中です。

目指すは「ほねつぎ復興」そして「赤髭」。

気軽にご意見・ご指摘・メッセージいただければうれしく思います。

誹謗・中傷も大歓迎!

ただし正々堂々(実名)で、お待ちしております。

患者さんはhttp://nakayama-sekkotsu.com/をご覧ください。

QRコード
QR
FC2ブックマーク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ全記事表示
リンク


日本最大級の医療専門サイト
ネパールに野球を! 「ラリグラスの会」
FC2カウンター
FC2カウンター~現在~
現在の閲覧者数:
ブログランキング
TREview

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。