目指すは「ほねつぎ復興」・「赤髭先生」です!

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホントに判断出来るの?

2007.12.19
「がん」のネット情報 人気サイト 医師が“診断”
http://sankei.jp.msn.com/life/body/071219/bdy0712190819000-n1.htm
2007.12.19 08:19
このニュースのトピックス:ポータルサイト
 ■書籍など他のメディアも活用を
 自分や家族ががんになったとき、まずインターネットで情報を探す人は多いのではないだろうか。しかし、あふれる情報の中で、どれが信頼できる情報かを見分けるのは難しい。がんと向き合い、前向きに生きるために、必要な情報をどう得ていけばいいのだろう。(平沢裕子)
 ITを活用した人材教育事業を行うライトワークス(東京・麹町)社長の江口夏郎さんの父親に胃がんがみつかったのは平成11年秋。当時はまだネットの黎明(れいめい)期だったが、それでもネット上にがん情報がたくさんあり、江口さんは「どの情報が信頼できるのか、素人には分からなかった」と振り返る。父親は胃の全摘手術などを行ったが、翌12年11月に亡くなった。
 現在のネットでのがん情報は、当時よりもさらに増え、膨大な量となっている。がんと向き合うために治療法や医療費についてなどの情報は不可欠だが、ネット上から必要な情報を得るのは意外に難しい。
 そんな中、帝京大学医療情報システム研究センター長の中田善規教授らのグループが、ネット上のがん情報を分析、人気サイトについての評価を試みた。患者にとってよりよいがん情報のサイトを開発するのが目的で、江口さんもこれに協力した。



ガンのこと解明されているわけではないのにホントに良い情報かどうかDrに判断出来るのかでしょうか?????????????????????????

骨じいは??だと思うのですが・・・

スポンサーサイト

テーマ : ひとりごと

ジャンル : 日記

コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

震災関連リンク
「東北関東大震災」支援クリック募金
プロフィール

骨じい

Author:骨じい
中山 辰也 44歳
中山予防医学研究所
ほねつぎ実践中山塾主宰
健柔グループ理事

現代の過剰診療に危機感を覚え、「病院へは行かない」・「お薬は飲まない」を実践しています。いたって健康!

セルフメディケーションを目指しています。

極端に言えば、救急医療を除いては、もしかして医療の大部分は必要ないかもしれない!?

そうすれば救急医療が守られるかも。。。

なんて考えている変った柔道整復師です。

冬はスキー場の救護所でケガ人の応急対応を行っています。

現在外傷処置の修業中です。

目指すは「ほねつぎ復興」そして「赤髭」。

気軽にご意見・ご指摘・メッセージいただければうれしく思います。

誹謗・中傷も大歓迎!

ただし正々堂々(実名)で、お待ちしております。

患者さんはhttp://nakayama-sekkotsu.com/をご覧ください。

QRコード
QR
FC2ブックマーク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ全記事表示
リンク


日本最大級の医療専門サイト
ネパールに野球を! 「ラリグラスの会」
FC2カウンター
FC2カウンター~現在~
現在の閲覧者数:
ブログランキング
TREview

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。