目指すは「ほねつぎ復興」・「赤髭先生」です!

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

何が??

2010.01.10
はり治療直後に女性死亡
── 大阪・池田の鍼灸院、府警が捜索 ――
2010/01/09配信
 大阪府池田市内の鍼灸(しんきゅう)院で2009年12月、患者の女性(当時54)がはり治療を受けた直後に容体が急変し、死亡していたことが8日、捜査関係者への取材で分かった。大阪府警は治療中のミスが原因で女性が死亡した疑いがあるとみて、業務上過失致死容疑で同院を家宅捜索し、関係者から事情を聴いている。
 捜査関係者によると、女性は肩こりのため、同院に定期的に通っており、普段からはり治療を受けていた。昨年12月15日、はり治療を受けて同院を退出した直後、「気分が悪いのでトイレを借りたい」と引き返してきたという。その後、トイレ内で倒れているのが見つかり、救急車で近くの病院に運ばれたが、16日早朝に死亡した。
 府警が司法解剖をした結果、死因は呼吸不全や循環不全により脳に十分な酸素が供給されなくなる低酸素脳症と判明。府警は、治療の際にはりが女性の体内に深く入りすぎ、肺の周辺に傷が付いたことで、呼吸不全につながる気胸が起きた可能性があるとみている。
 府警は死因についてさらに詳しい鑑定を専門家に依頼するとともに、押収した資料の分析や関係者からの事情聴取を進め、はり治療と死亡との因果関係を調べている。
 同院は日本経済新聞の取材に対し、「一切、何も話せない」とコメントしている。


何が起こったのでしょう・・・

まずは亡くなられた方の ご冥福を心からお祈り申し上げます。

またマスコミ関係においては慎重な報道をお願いしたいと思います。

これは、一つの伝統医療の残存に関わることでもあります。

鍼灸という伝統医学は確かにある場面においては優れた効果を出せるものです。

しっかりと原因が特定出来るのか?は、大いに疑問なのですが、、、

報道のフライングはよろしくありません。

しかしこのような出来事を機に鍼灸師の現状を踏まえ

柔道整復師同様に、養成学校が乱立、、師弟制度の崩壊、、、などなど

質の低下をなんとかする時期なのでしょう。

心新たに私を含め研鑽をしっかり積まなくてはいけません。

この出来ごとについては静観したいと思います。
スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療

ジャンル : 心と身体

タグ : 鍼灸 死亡
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

震災関連リンク
「東北関東大震災」支援クリック募金
プロフィール

骨じい

Author:骨じい
中山 辰也 44歳
中山予防医学研究所
ほねつぎ実践中山塾主宰
健柔グループ理事

現代の過剰診療に危機感を覚え、「病院へは行かない」・「お薬は飲まない」を実践しています。いたって健康!

セルフメディケーションを目指しています。

極端に言えば、救急医療を除いては、もしかして医療の大部分は必要ないかもしれない!?

そうすれば救急医療が守られるかも。。。

なんて考えている変った柔道整復師です。

冬はスキー場の救護所でケガ人の応急対応を行っています。

現在外傷処置の修業中です。

目指すは「ほねつぎ復興」そして「赤髭」。

気軽にご意見・ご指摘・メッセージいただければうれしく思います。

誹謗・中傷も大歓迎!

ただし正々堂々(実名)で、お待ちしております。

患者さんはhttp://nakayama-sekkotsu.com/をご覧ください。

QRコード
QR
FC2ブックマーク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ全記事表示
リンク


日本最大級の医療専門サイト
ネパールに野球を! 「ラリグラスの会」
FC2カウンター
FC2カウンター~現在~
現在の閲覧者数:
ブログランキング
TREview

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。