目指すは「ほねつぎ復興」・「赤髭先生」です!

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第15回 日本構造医学会 大阪学術会議

2010.08.23
今年もやってきました学術会議です。

昨年は残念ながら参加出来ませんでしたので、

楽しみにしております。

柔整師に限らず医療に携わる全ての方にご参加頂きたい会議です。

発表される方は、患者・歯科医師・臨床検査技師・理学療法士・柔整師

と多岐にわたっております。

     第15回学術会議

まさに医療の横連携ですね。

私も構造医学を学び、その考えを大いに参考にさせていただき

「ほねつぎ」をやっております。

私は「ほねつぎ」なのでそれしか分かりませんが、

その考え方は「ほねつぎ」そのものを進化させるものだと

確信し、その考えを実践させていただいております。

現に脱臼の整復に関しては、今までとは明らかに異なった

感覚で整復可能となりました。

それは患者にとっても我々術者にとっても有益なことであります。

つまり、患者にも術者にも「愛護的」なのです。

もちろん非力な女性でも十分「ほねつぎ」が出来るという事です。

理論が素晴らしくても、結果を伴わないものは理論が間違っています。

構造医学の生体潤滑理論を例に挙げても、事実、牽引なしで脱臼の整復が可能です。

これは理論と事実が合致していることに他なりません。

賛否両論あるようですが、否定派の方ほど一度も深く「構造医学」という学問に

触れた事のない方のような印象を感じています。

どんな学問も序論だけで全てを理解したような錯覚に陥ることは

大変危険です。それは全てにおいてです!

私が今考えていること気をつけていることは

否定するならまず、「真っ白」な心でそれを「深く」学び

それでも得心出来なくて初めて否定するという事です。

まずは受け入れ、そして吟味する。

でなければ単なる「好き」と「嫌い」の世界になってしまうのです。


おっと、、

今日は学術会議の紹介だけのつもりが・・・

長々と綴ってしまいました。

それではご興味のある方は当日会場でお会いしましょう!!

懇親会もあるみたいですし
スポンサーサイト

テーマ : モノの見方、考え方。

ジャンル : 心と身体

タグ : 柔整師 骨折 整復 脱臼 構造医学 学術会議
コメント
No:428|Re: No title
日整の大阪学術ですか?

進む道は違えど医への志は同じですね。

お互いに頑張りましょう!!
2010/09/06 21:01|by 骨じい|骨じい URL|編集
No:415|No title
大阪学術と同じ日に大阪でするのですね!

頑張って下さい!
2010/08/25 10:08|by ほねつぎ|ほねつぎ URL編集
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

2013/04/24 |  |

-

管理人の承認後に表示されます

震災関連リンク
「東北関東大震災」支援クリック募金
プロフィール

骨じい

Author:骨じい
中山 辰也 44歳
中山予防医学研究所
ほねつぎ実践中山塾主宰
健柔グループ理事

現代の過剰診療に危機感を覚え、「病院へは行かない」・「お薬は飲まない」を実践しています。いたって健康!

セルフメディケーションを目指しています。

極端に言えば、救急医療を除いては、もしかして医療の大部分は必要ないかもしれない!?

そうすれば救急医療が守られるかも。。。

なんて考えている変った柔道整復師です。

冬はスキー場の救護所でケガ人の応急対応を行っています。

現在外傷処置の修業中です。

目指すは「ほねつぎ復興」そして「赤髭」。

気軽にご意見・ご指摘・メッセージいただければうれしく思います。

誹謗・中傷も大歓迎!

ただし正々堂々(実名)で、お待ちしております。

患者さんはhttp://nakayama-sekkotsu.com/をご覧ください。

QRコード
QR
FC2ブックマーク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ全記事表示
リンク


日本最大級の医療専門サイト
ネパールに野球を! 「ラリグラスの会」
FC2カウンター
FC2カウンター~現在~
現在の閲覧者数:
ブログランキング
TREview

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。