目指すは「ほねつぎ復興」・「赤髭先生」です!

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大問題が一杯あるなァ・・・・

2010.11.05
柔道整復師の不正請求問題・・・・

単純に考えれば簡単なようだが、実はいろんな問題が山積みなのだ。

今日は問題の一つを考えてみたい。

それは整形外科(他科を含む)医院との連携不足だ。

それどころか、何を考えてか互いに「敵対」意識まで持つ始末だ。

まずそんなことでは、接骨院で診ることが可能と思われる外傷は

医師の同意が必要な骨折脱臼を除く、捻挫・打撲・挫傷のみとなる。

もちろん、骨折脱臼の頻度がそれほど多くないとしても、

真面目に外傷をしっかり診ようとしている柔整師にとってそれを削がれては

本分を全うできないというものだ。

それでも、やれと言われるならば本気で潰れる覚悟でやるしかない。

現存する接骨院のいったい何%の院が病院と提携関係を持てているのだろうか?

提携病院を作ることは非常に困難な場合も存在する。

当然提携を求める前に我々「バカ柔整師」は勉学に励まなくてはならない。

しかし患者の事を第一に考えるなら、お互いが歩み寄る崇高な行動が必要ではないか?

整形外科 VS 柔道整復  

こんな戦いに患者の利益は何処にも存在しない。

役割分担出来ないものか?

業権を争うより「役割分担」が今こそ必要ではないのだろうか?

もし本気で柔整師の不正請求に切り込むなら

法改正すらも必要だ。

でなければ7万人近くになった柔整師は路頭に迷う事になるのだ。

現実問題「法改正」が早急になされるとは思えない。

ならば「ほねつぎ復興」に本気で取り組み

先人達が残してくれた優秀な「柔道整復術」をもって患者に還元するしかない。

お金儲けも大切だが、、、、

今やらなければならないのは「ほねつぎ復興」だ。

全身状態が安定し、

○不全骨折及び転位が軽度または機能に影響を及ぼしがたい単純骨折

○転位はあったが整復が良好で、外固定による安定性が認められる単純骨折

○単純脱臼

○整復が完了し、保存的に対応可能な骨折を合併した脱臼

上記の4外傷はなんとか柔整師が診れるようになれないか?

何をもって「機能に影響を及ぼしがたい」・「外固定による安定性が認められる」のか?

という議論はあるだろう。

しかし、それらをしっかり整理すれば

なにも難しいことではないはずだ。

そして、それをDrにご理解いただくか、それとも理解していただけるDrと出会うか?

それが出来るよう骨じいの修業は続く。。。

そしてアツい同志が集まることを願ってやまない。。



追伸

 先日ある部位の骨折患者が来院された。来院時の時間の関係で提携病院への

 対診が不可能だったため。近隣医院にお願して診察及び指示をお願いした。

 しかし、私が考える「安定性の良い」骨折に関わらず、

 他整形外科の受診を指示されたようだ。

 患者の強い願いもあって、また私の保存療法で大丈夫との確信もあって

 再度、提携病院での同意を頂き、私が診療にあたっている。

 これはその整形外科医を非難しているのでは決してない。
 
 これが現在の柔道整復師の現状であり、社会的な認知なのだ。

 つまり柔道整復師は信用されていないのだ!

 その現状を知るべきであり、さらに信用を失墜させるような金儲け行為は

 慎むべきだ!!!

 私のようなオッサン柔整師でも、こんな感じなのに開業間もない柔整師が

 外傷など診れるはずもない。

 だから毎日のように届く訳のわからないコンサル屋からのDMに心惹かれ

 リピーターをいかに増やすか?

 来院率をいかに上げるか?

 こんな医療とは全く関係のないバカげたことに一生懸命になっている。

 我々柔道整復師がやるべきは、我々の真骨頂である外傷の応急処置

 を学び、やれる準備をしたうえで今の業務に没頭することだ。

 そして、真の医療人を目指すことである。

 「ほねつぎ復興」が出来ないなら、健康保険医療から離れ

 患者の健康を守る人になるしかない。

 そうなれば、本当に受診出来ない人も少なからずおられる。

 日本は豊かな国だ。

 今日明日、餓死すような国ではない。

 しかし、命にかかわらないケガにかかる高額な費用が捻出できない

 患者は山ほどいるはずだ。

 保険医療はそういった意味でも非常に重要なのだ。

 それらの全てを守り、復興させる。。。

 これが骨じいの使命なのだ。



<今日の一曲>



是非こちらを ↓

War is over




スポンサーサイト

テーマ : 国家資格 柔道整復師

ジャンル : 学校・教育

タグ : 柔整師 骨折 整復 脱臼 ほねつぎ 柔道整復師
コメント
No:488|Re: ほねつぎ復興!!バンザイ!!
そこそこか~??

バンバンやな!

我々は急性外傷だけじゃないぞ。

ほねつぎ復興よろしく!!!
2010/11/07 06:26|by 骨じい|骨じい URL|編集
No:486|ほねつぎ復興!!バンザイ!!
本日。。
施術した外傷。。

新鮮例のみでは
ないですが。。

足関節捻挫
7例

肩関節脱臼
2例

コーレス
1例

中足骨骨折
2例

ほか
そこそこ。。

ほねつぎ
してます!!!!

復興!!
がっつり!!
よろしくお願いいたします!!
2010/11/06 02:09|by Hi!鍼灸整骨院|Hi!鍼灸整骨院 URL編集
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

震災関連リンク
「東北関東大震災」支援クリック募金
プロフィール

骨じい

Author:骨じい
中山 辰也 44歳
中山予防医学研究所
ほねつぎ実践中山塾主宰
健柔グループ理事

現代の過剰診療に危機感を覚え、「病院へは行かない」・「お薬は飲まない」を実践しています。いたって健康!

セルフメディケーションを目指しています。

極端に言えば、救急医療を除いては、もしかして医療の大部分は必要ないかもしれない!?

そうすれば救急医療が守られるかも。。。

なんて考えている変った柔道整復師です。

冬はスキー場の救護所でケガ人の応急対応を行っています。

現在外傷処置の修業中です。

目指すは「ほねつぎ復興」そして「赤髭」。

気軽にご意見・ご指摘・メッセージいただければうれしく思います。

誹謗・中傷も大歓迎!

ただし正々堂々(実名)で、お待ちしております。

患者さんはhttp://nakayama-sekkotsu.com/をご覧ください。

QRコード
QR
FC2ブックマーク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ全記事表示
リンク


日本最大級の医療専門サイト
ネパールに野球を! 「ラリグラスの会」
FC2カウンター
FC2カウンター~現在~
現在の閲覧者数:
ブログランキング
TREview

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。