目指すは「ほねつぎ復興」・「赤髭先生」です!

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

う~ん 同感!! 一緒にガンバろや!!

2010.11.09
うつ病の激励、「一律に禁忌」の時代は終わった
激励禁忌とされたが考え方に変調も
            
   2010年10月12日 星 良孝(m3.com編集部)
うつ病の患者は励ましてはならない。日本においては定説となっている。
一見好ましいとも見られる激励が、症状悪化を招きかねないという理由からだ。
しかし、一律にタブー視せずに、積極的に激励すべきという見方が出ている。
賛成一律に禁忌とはしない
「一律に激励を禁忌とする見方は根強いが、むしろ社会復帰を妨げることになる」と話す獨協医科大学の井原裕教授。
「うつ病の人への激励は禁忌とされてきたが、一律にタブーとする時代ではもはやなくなっている。ケースバイケースなのに、いまだにタブーという考えは根強い」。獨協医科大学越谷病院こころの診療科教授の井原裕氏はこう説明する。


弊害が無視できない 

 「医師国家試験において、間違ってはならない問題というのがよく言われる。その一つとして、うつ病の激励禁忌を問う問題が挙げられ、当然のごとく『うつ病の人は励ましてはいけない』と解答するとされてきた。医師の間でも広く浸透した考え方となってきている。しかし、激励禁忌は一理あるが、弊害が無視できない」と井原氏は言う。
 「昭和の高度経済成長期、日本が右肩上がりの時には、人々の間に自虐的に奉仕するケースがよく見られ、激励禁忌という日本独自の考え方が出てきた。うつ病が、精神訓話で解決するものではなく、医学的な治療の対象であるという考え方を浸透させる上では意味があった」(井原氏)。このため現在でも、うつ病の激励禁忌の考え方は根強いという。


海外では激励は治療の一環

 「忘れてはいけないのは、うつ病患者が『頑張れ』と言われると、機械仕掛けに自殺するという考えもあるが、そういうことはないということ。海外においては、教科書にも激励という言葉は頻出し、むしろ激励しなければ治療にならない考えもある」と井原氏は話す。
 問題は、激励すべき患者をどう見極めるか。まず、励ますべきではないうつ病の患者は、疲労困憊の人、完璧主義の人、自分をあまりに責める人、弱音を絶対にはかない人で、うつ病発症して間もない人という。一方で、井原氏は、「うつ病の人も少しずつ回復してくる。『さあこれから厳しい現場に帰るぞ』という段階では、適度の激励が必要になる」と述べる。回復期に「まあ焦らないで」「じっくり時間をかけて」などと、腫れ物に触るような態度を取り続ければ、かえって社会復帰を妨げてしまうという。
 激励の仕方としては、若者であれば、未来のことを語るのが有効という。「なってみたいもの、やってみたいこと。魅力的な男性あるいは女性のイメージ。父や母と異なる人生について。情熱を燃焼しつくす対象などを、患者と医師とで話し合うといい」(井原氏)。一方で、働き盛りの人に対しては「仕事」について、女性に対しては「女性としての自分自身」について、高齢者に対しては「過去」についてと、テーマを患者に合わせながら励ましていく。精神的な問題解決の答えを共に探る姿勢が重要という。
 井原氏は、「激励禁忌のルーツを探したのだが、明確ではなく、精神科における"不文律"が、いつの間にかタブーになったと考える。『頑張れ』という言葉は好ましい言葉だが、逆に良くないケースもあるから気をつけよ、という戒めの意味合いだったのだろう。場合を選んで、励ましていくことが重要と、考え方を改めるべきではないか」と話す。


スポンサーサイト

テーマ : モノの見方、考え方。

ジャンル : 心と身体

タグ : うつ 中山塾 ほねつぎ 柔道整復師 骨折 脱臼
コメント
No:490|ほねつぎ先生へ
いつもコメントありがとうございます。
う~ん難しいところですね。
ただ、今までの考えややり方が、思ったほど功を奏していないのは確かですね。
ケースバイケースですが、「頑張る」という言葉に日本人は敏感になり過ぎな様な気がしています。
英語にはそんな言葉無い・・・だとか。。
Good Luck!
も日本で言うところの「頑張れよ!」だと思います。
幸せは自分の心が決めるように、言葉も人それぞれその時の状況で受け取り方が違うのでしょう。
「頑張ってね」と言われて「こんなに頑張っているのに!」と捉える場合は、そこに問題があるのであって
まだ頑張るという言葉を素直にとれる状況ではないという事でしょう。
おそらくここの記事は機械的に何でもかんでも『うつの患者に「頑張れ」とは言っていけない』と盲目的に実践していてはいけないという戒めを訴えたいのではないでしょうか?
私たちも頑張らなきゃ生きていけないですからね。生きていくことは捉え方によっては辛いこと・・・捉え方によっては楽しいことだと思うのです。
先日のブログにも書きましたが「吾、唯足るを知る」「有り難き事」これを知ることが全てのスタートのような気がしています。「有る事が難しい・・・」
つまり生きているだけ、ここに存在しているだけ・・・これだけでも凄く難しい事、『ありがたい』ことだと思うのです。
私は患者に「頑張らなきゃいけないとか、頑張ってはいけないとか思うのではなく」「そのどちらも考える事をやめたらどうですか?」とお話しています。頑張ってはいけないと強く思う事もマイナスだと思います・・・。
結局自然体で生きていくしかないのではと思います。そこまで持ち上げるのが医療の一部?であったり、宗教であったりするのでしょうね。
正直、その役割は医療には果たせないと思いますが・・・・(笑)。
2010/11/11 23:13|by 骨じい|骨じい URL|編集
No:489|No title
この辺の事は凄く悩んで心療内科の先生の所に勉強に5年ほど行きました^^v

その時の影響で家内は患者塾のSPをしています。

僕が思うのは・・・

南無阿弥陀仏と南妙法蓮華経の違いだと思います!

南妙法蓮華経が“頑張れ・頑張っても良いよ!”で

南無阿弥陀仏が“頑張らなくても良いよ!”だと思います。

全ての人に受け入れられるのが“頑張らなくても良いよ!”では無いでしょうかね?
2010/11/10 21:20|by ほねつぎ|ほねつぎ URL編集
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

震災関連リンク
「東北関東大震災」支援クリック募金
プロフィール

骨じい

Author:骨じい
中山 辰也 44歳
中山予防医学研究所
ほねつぎ実践中山塾主宰
健柔グループ理事

現代の過剰診療に危機感を覚え、「病院へは行かない」・「お薬は飲まない」を実践しています。いたって健康!

セルフメディケーションを目指しています。

極端に言えば、救急医療を除いては、もしかして医療の大部分は必要ないかもしれない!?

そうすれば救急医療が守られるかも。。。

なんて考えている変った柔道整復師です。

冬はスキー場の救護所でケガ人の応急対応を行っています。

現在外傷処置の修業中です。

目指すは「ほねつぎ復興」そして「赤髭」。

気軽にご意見・ご指摘・メッセージいただければうれしく思います。

誹謗・中傷も大歓迎!

ただし正々堂々(実名)で、お待ちしております。

患者さんはhttp://nakayama-sekkotsu.com/をご覧ください。

QRコード
QR
FC2ブックマーク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ全記事表示
リンク


日本最大級の医療専門サイト
ネパールに野球を! 「ラリグラスの会」
FC2カウンター
FC2カウンター~現在~
現在の閲覧者数:
ブログランキング
TREview

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。