目指すは「ほねつぎ復興」・「赤髭先生」です!

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冬眠 ・ 代謝 ・ 冷却

2011.03.03
クマ:冬眠中、体温あまり下げず 代謝機能は1/4、動物の通説覆す

 冬眠中のクマは、体温をあまり下げずに代謝機能を通常の4分の1まで下げて生命活動を維持していることを、米アラスカ大などのチームが突き止めた。代謝を抑える冬眠の仕組みを人間に応用できれば、けがなどの症状悪化を一時的に抑えられる可能性があるほか、老化の進行を抑制して移動に時間のかかる宇宙旅行が夢でなくなるという。18日付の米科学誌サイエンスに発表した。

 アラスカ州の住宅近くに出没して捕獲されたアメリカクロクマ5頭(体重34・3~103・9キロ)を巣穴で飼育。冬眠中の5カ月間、赤外線カメラで行動を観察したほか、体温や心拍数、巣穴の酸素濃度を測定し、代謝機能を分析した。

 それによると、冬眠中は食事や排尿・排便をしないまま体を丸めた姿勢を保ち、多いときでも1日2回体勢を変えたり毛づくろいをした。平均体温は33度で夏季の活動時より5~6度低く、30度まで下がると体を震わせて体温を上げた。動物では体温が10度下がると代謝機能は半分になる、という通説を覆した。

 人間は長く体を動かさないと筋肉や骨の量が減るが、クマは目覚めた後も冬眠前と同じように動き回った。【大場あい】



冬眠って興味深いですね。

体温をあまり下げずに・・・・って書いてあるけど夏季の活動時より5~6度低いのは

大変な事ですよね。

体温が下がる事で代謝が低下するのか?

代謝を低下させるシステムが他に存在し、

代謝を低下させることで体温が下がるのか?

いずれにしても体温(温度)とは密接な関係がありそう。

局所代謝の低下は、その局所における養分の必要量の低下を意味します。

つまり、例えば患部の代謝を低下させる事が出来れば

血流障害などで栄養状態の改善が望めない場合にも

要求量が減り、局所は守られる事になるんだな。。

う~ん 冬眠・生理的局所冷却・・・・深いですね。。


スポンサーサイト

テーマ : モノの見方、考え方。

ジャンル : 心と身体

タグ : 冬眠 生理的局所冷却
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

震災関連リンク
「東北関東大震災」支援クリック募金
プロフィール

骨じい

Author:骨じい
中山 辰也 44歳
中山予防医学研究所
ほねつぎ実践中山塾主宰
健柔グループ理事

現代の過剰診療に危機感を覚え、「病院へは行かない」・「お薬は飲まない」を実践しています。いたって健康!

セルフメディケーションを目指しています。

極端に言えば、救急医療を除いては、もしかして医療の大部分は必要ないかもしれない!?

そうすれば救急医療が守られるかも。。。

なんて考えている変った柔道整復師です。

冬はスキー場の救護所でケガ人の応急対応を行っています。

現在外傷処置の修業中です。

目指すは「ほねつぎ復興」そして「赤髭」。

気軽にご意見・ご指摘・メッセージいただければうれしく思います。

誹謗・中傷も大歓迎!

ただし正々堂々(実名)で、お待ちしております。

患者さんはhttp://nakayama-sekkotsu.com/をご覧ください。

QRコード
QR
FC2ブックマーク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ全記事表示
リンク


日本最大級の医療専門サイト
ネパールに野球を! 「ラリグラスの会」
FC2カウンター
FC2カウンター~現在~
現在の閲覧者数:
ブログランキング
TREview

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。