目指すは「ほねつぎ復興」・「赤髭先生」です!

第5中手骨骨折

2011.05.14
先日の急患さんですが、検査の結果やはり「第5中手骨骨折」でした。

初診1  IMGP3794_convert_20110513230154.jpg
    初診時 背側          初診時 掌側 

   2日目背側    2日目掌側
     2日目背側            2日目掌側

しかも、骨端を横切る形の縦骨折。。

Salter Harris Ⅳ型にあたります。

お恥ずかしながらそこまでは分かりませんでした。

ここが、私たち伝統医療である柔道整復師と近代医療の整形外科医の連携が

どうしても必要なところ。

今回御紹介させていただきました整形外科の先生からは、

「貴重な症例を御紹介頂きありがとうございました」とお手紙を頂きました。

頭が下がる思いです。

自分の傲慢さもなんとなく恥ずかしくなりました。

今回の場合、経過的には問題はありませんが、中に潜んでいる問題を外から

100%把握できるわけではありません(100を目指していますが・・・)。

真の連携を目指して日々やれる事は、

確実に診立て

そして確実な処置を行う事。

そして我を張り過ぎない事。だけど、引きすぎない事。

自分たちの立ち位置を知り

そして現代の医療制度に溶け込む事。

日本が大切にしてきた「謙虚」な心を忘れない事。

その心をもって、ほねつぎ復興の方向性を日々模索する毎日です。
スポンサーサイト

テーマ : 国家資格 柔道整復師

ジャンル : 学校・教育

タグ : 中山塾 ほねつぎ 骨折 脱臼 整復
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

震災関連リンク
「東北関東大震災」支援クリック募金
プロフィール

骨じい

Author:骨じい
中山 辰也 44歳
中山予防医学研究所
ほねつぎ実践中山塾主宰
健柔グループ理事

現代の過剰診療に危機感を覚え、「病院へは行かない」・「お薬は飲まない」を実践しています。いたって健康!

セルフメディケーションを目指しています。

極端に言えば、救急医療を除いては、もしかして医療の大部分は必要ないかもしれない!?

そうすれば救急医療が守られるかも。。。

なんて考えている変った柔道整復師です。

冬はスキー場の救護所でケガ人の応急対応を行っています。

現在外傷処置の修業中です。

目指すは「ほねつぎ復興」そして「赤髭」。

気軽にご意見・ご指摘・メッセージいただければうれしく思います。

誹謗・中傷も大歓迎!

ただし正々堂々(実名)で、お待ちしております。

患者さんはhttp://nakayama-sekkotsu.com/をご覧ください。

QRコード
QR
FC2ブックマーク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ全記事表示
リンク


日本最大級の医療専門サイト
ネパールに野球を! 「ラリグラスの会」
FC2カウンター
FC2カウンター~現在~
現在の閲覧者数:
ブログランキング
TREview

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ブログ内検索