目指すは「ほねつぎ復興」・「赤髭先生」です!

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012 救護所日記 NO11

2012.02.09
2月4日(土)は私の手違いで、3名の先生と救護所活動を共にしました。

この日も負傷者は多くはありませんでしたが、骨折は「鎖骨骨折」が1例ありました。

今回の鎖骨骨折は定型的な転位。しかし第三骨片を有する骨折でした。

整復は鎖骨整復台を用いて行いましたが、鎖骨骨折を解剖学的に整復するのは

非常に難しいものです。

基本的に保存療法で経過を観察する際、3分の1骨片端同士が連結していれば

骨癒合は円滑に進むものと考えております。

負傷より2週間前後は軋轢音が気になりますが、この機械的刺激によって骨癒合が促進

されていくわけです。

固定は市販の脊椎矯正ベルトとバンド固定が適当かと思います。

木登りをしないような四足獣では鎖骨を持たないものが多いことから四つ這い時には

鎖骨の要請度が低いと考えています。

なので、周辺組織の廃用症候群を防ぐには、四つ這いの運動からはじめるのが最も安全に

行えるリハビリテーションではないかと考えています。

前方挙上を含めた非荷重下での肩関節運動は、

鎖骨の要請度が大きいため骨癒合前の運動としては

不向きなのかもしれません。

というようなことを模索しつつ鎖骨骨折を再考してみると面白いかもしれませんね。

         鎖骨




「危害について知るべし、危害を加えるなかれ」(「ドクターズルール425」より)


<今日の一冊>

ドクターズルール425―医師の心得集ドクターズルール425―医師の心得集
(1994/05)
クリフトン・K. ミーダー、 他

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療

ジャンル : 心と身体

タグ : 柔整師 骨折 整復 ほねつぎ 中山塾 柔道整復師 鎖骨骨折 鎖骨整復台
コメント
No:726|Re: 鎖骨骨折
おっ!!
頑張って!!
また経過教えてください(*´∀`*)
2012/02/10 11:49|by 骨じい|骨じい URL|編集
No:725|鎖骨骨折
お疲れ様です。
今、鎖骨骨折の患者さんが来られています。
受傷後、10日目で来院され整形の処置は、クラビクルバンドだけでした。
参考にさせていただきます。
2012/02/10 08:30|by 清水 昇勲|清水 昇勲 URL|編集
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

震災関連リンク
「東北関東大震災」支援クリック募金
プロフィール

骨じい

Author:骨じい
中山 辰也 44歳
中山予防医学研究所
ほねつぎ実践中山塾主宰
健柔グループ理事

現代の過剰診療に危機感を覚え、「病院へは行かない」・「お薬は飲まない」を実践しています。いたって健康!

セルフメディケーションを目指しています。

極端に言えば、救急医療を除いては、もしかして医療の大部分は必要ないかもしれない!?

そうすれば救急医療が守られるかも。。。

なんて考えている変った柔道整復師です。

冬はスキー場の救護所でケガ人の応急対応を行っています。

現在外傷処置の修業中です。

目指すは「ほねつぎ復興」そして「赤髭」。

気軽にご意見・ご指摘・メッセージいただければうれしく思います。

誹謗・中傷も大歓迎!

ただし正々堂々(実名)で、お待ちしております。

患者さんはhttp://nakayama-sekkotsu.com/をご覧ください。

QRコード
QR
FC2ブックマーク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ全記事表示
リンク


日本最大級の医療専門サイト
ネパールに野球を! 「ラリグラスの会」
FC2カウンター
FC2カウンター~現在~
現在の閲覧者数:
ブログランキング
TREview

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。