目指すは「ほねつぎ復興」・「赤髭先生」です!

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

誤診

2008.06.18
誤診について

今日は「誤診」についてのお話です。

私は学生時代も含めると、この業界に入って20年になります。

この業界で20年といえばまだまだ「ひよっ子」ですが、20年間患者を診ているわけです。。

それでも誤診を起こしてしまいます 

なんとも情けないことですが・・・・

まずはスキー場でのお話をしましょう。

誤診の危険は常に潜んでいます。。

それを施術者もわかっているのですが、我々施術者も人間です。

その時の心身の状況や環境によって当然多少影響は受けるものでしょう。

しかし施術者たるものは現場に入れば細心の注意をはらって診立てを行う・・・・

それも当然ながらわかっているのですが定期的に起っていしまうのです。

一つの例を紹介しましょう。

<42歳 男性 アメリカ人>
 原因:スキーで滑走中転倒し膝をひねり負傷。スキー場のスタッフの肩をかりて何とか歩行して来院。
 症状:膝関節外側部のpain、脛骨上端部外側(Gerdy結節)部の圧痛(+)、腫脹(+-)、膝蓋跳動
(+-)、 軸圧痛(-)、振動痛(-) 


上記の症状でした。。

私は、骨傷なし! と判断しました。

ところが検査の結果、「脛骨上端部骨折(外顆)」でした。。。

あとから自分の失態を分析しました。

まず、スキーパンツを脱がせず、上にまくりあげて膝蓋跳動を診てしまったので

当然、正確な判断ができなかった。

肩をかりながらも何とか荷重しての歩行が可能だったことと

疼痛部、圧痛部が脛骨だったことから「骨傷」はないと思い込んだ。

軸圧痛(以外と難しい)が正確に取れていたかどうか・・・・等など

鎖骨のGreen stick Frのときにもお話ししましたが、

この世の中に絶対はない!!何でも起こりえる!!と思い知った瞬間でした。。

すべてにおいて絶対だと思った時は 「十中八九」 という表現が正しいのかもしれませんね。

私はよくこの表現を使います。

「10のうち8か9」つまり80~90%の確率ということです。

逆を返せば10のうち1か2は例外があるのだと理解できますね。。

日本にも古くから百分率があったんです!

何度診ても、何度やっても繰り返す「誤診

心して診たいものです!!

近日中にかねてより要望を多く頂いていました「処置動画」をアップしたいと思います。

(動画を乗せた記事は、昨今多く起こっているネット上で起こる肖像権侵害などの問題からパスワードを設定させていただこうと思います。動画閲覧希望の方は、メールフォームより簡単で結構ですので自己紹介をお送りください。パスワードを返信いたします。柔道整復師に限らず、学生さん、これから柔道整復を学ぼうと考えているかたなど、ハードルは設けません!ただし、動画を横流ししたり悪用は困ります。そのようなことが発覚した場合には二度と動画はアップしませんのでよろしくお願いいたします

<今日のお勧めの一冊>
まちがった健康法 ストレッチングは危ないまちがった健康法 ストレッチングは危ない
(2006/01)
加瀬 建造

商品詳細を見る
ストレッチ神話崩壊??


マッスルユニット・トレーニング―伸ばさず縮めるマッスルユニット・トレーニング―伸ばさず縮める
(2005/12)
加瀬 建造

商品詳細を見る
ストレッチが危険??患者さんにも学生さんにも説明するけどピンとこないようですね。。ストレッチより歩きましょ!!
スポンサーサイト

テーマ : 国家資格 柔道整復師

ジャンル : 学校・教育

タグ : 柔整師 整復 骨折 整骨院 脱臼 国家試験 ケガ 誤診
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

震災関連リンク
「東北関東大震災」支援クリック募金
プロフィール

骨じい

Author:骨じい
中山 辰也 44歳
中山予防医学研究所
ほねつぎ実践中山塾主宰
健柔グループ理事

現代の過剰診療に危機感を覚え、「病院へは行かない」・「お薬は飲まない」を実践しています。いたって健康!

セルフメディケーションを目指しています。

極端に言えば、救急医療を除いては、もしかして医療の大部分は必要ないかもしれない!?

そうすれば救急医療が守られるかも。。。

なんて考えている変った柔道整復師です。

冬はスキー場の救護所でケガ人の応急対応を行っています。

現在外傷処置の修業中です。

目指すは「ほねつぎ復興」そして「赤髭」。

気軽にご意見・ご指摘・メッセージいただければうれしく思います。

誹謗・中傷も大歓迎!

ただし正々堂々(実名)で、お待ちしております。

患者さんはhttp://nakayama-sekkotsu.com/をご覧ください。

QRコード
QR
FC2ブックマーク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ全記事表示
リンク


日本最大級の医療専門サイト
ネパールに野球を! 「ラリグラスの会」
FC2カウンター
FC2カウンター~現在~
現在の閲覧者数:
ブログランキング
TREview

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。