目指すは「ほねつぎ復興」・「赤髭先生」です!

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

全国の専門学校教員の方へ。

2014.02.23
今日は久々に毒をはきます(^O^)

長いです。

昨日は教員に限定した実践塾でした。

2名限定で募集しましたが、

事情で1名が不参加となり

兵庫柔整のM先生が参加されました。

M先生は実直で

医療にも生徒に対しても

真摯に向き合う先生です。

また以前より救護所での実践塾はもとより

スキー場オフシーズンの中山塾にも

何度となく参加頂いています。

そして昨日発生した骨折・脱臼は3件。

鎖骨骨折

肩関節脱臼

前腕遠位端骨折

鎖骨骨折は研修でレクチャーしていない為、

処置の一例を見て頂きました。

その後は肩関節脱臼、前腕遠位端骨折とも

落ち着いた判断と整復、固定、

その後の経過予測まで完璧でした。

M先生に教わる事の出来る生徒は

幸せだと感じました。

後進の指導には、知識だけではない

経験に裏付けされた数々のエキスが

必須です。

専門学校は国家資格を取らせばいい。

よく教員の方々から聞かれる驚く言葉ですが、

大阪弁で言わせて頂くなら

「アホか!!」

です。

そんな国家資格者はいらないのです。

もっと言えば

あなたのような教員はいらないのです。

そんな資格者が増えるメリットが、

患者・国家・医療・柔整業界に対して

あると思っているのかなぁ?

もっと真面目にやって欲しいものです。

正直に言います。

以後、そのような先生に学んだ

頭でっかちの柔整師の必要性はもうありません。

残念ながら。

私が学ばせて頂いた頃の専門学校には

スーパー柔整師が沢山おられました。

そこがほねつぎ復興にも重要な

ポイントだと考え今回初めて

教員限定研修を行いました。

M先生には本日お一人で救護所に詰めて

頂きます。

昨日、M先生の眼には

今までにない自信に溢れたものを

感じました。

以上、上から目線で話しましたが(笑)

ご意見、誹謗中傷はどしどしと!

ただしプロフィールにもありますが、

堂々とお願いしますね。。

訳のわからないニックネームには

吐き気がしますので(笑)


ほねつぎ復興!
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

震災関連リンク
「東北関東大震災」支援クリック募金
プロフィール

骨じい

Author:骨じい
中山 辰也 44歳
中山予防医学研究所
ほねつぎ実践中山塾主宰
健柔グループ理事

現代の過剰診療に危機感を覚え、「病院へは行かない」・「お薬は飲まない」を実践しています。いたって健康!

セルフメディケーションを目指しています。

極端に言えば、救急医療を除いては、もしかして医療の大部分は必要ないかもしれない!?

そうすれば救急医療が守られるかも。。。

なんて考えている変った柔道整復師です。

冬はスキー場の救護所でケガ人の応急対応を行っています。

現在外傷処置の修業中です。

目指すは「ほねつぎ復興」そして「赤髭」。

気軽にご意見・ご指摘・メッセージいただければうれしく思います。

誹謗・中傷も大歓迎!

ただし正々堂々(実名)で、お待ちしております。

患者さんはhttp://nakayama-sekkotsu.com/をご覧ください。

QRコード
QR
FC2ブックマーク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ全記事表示
リンク


日本最大級の医療専門サイト
ネパールに野球を! 「ラリグラスの会」
FC2カウンター
FC2カウンター~現在~
現在の閲覧者数:
ブログランキング
TREview

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。