目指すは「ほねつぎ復興」・「赤髭先生」です!

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私たちは、こうやって骨を接いでいます

2008.08.01
私たちは

出来るだけ安全に

出来るだけ生理的に

考えに考えて「ほねつぎ」しています。

私たちは、無麻酔下で整復をします・・・

一見、乱暴で侵襲が大きく見えます。。

しかし、麻酔下で行われる処置(手術)は、、、

無麻酔下ではどうなのでしょうか? 患者は耐えられるのでしょうか??

無麻酔下で行えないから、麻酔下に行うのです(必要なことがあることは言うまでもありません)。

私たちが行う方法は、低侵襲の処置なのです。痛がるから侵襲的なのではありません。

柔整師の皆さん、、自信をもって柔道整復師になり、、、

自信を持って骨を接いで下さい

ただし、それには知識と理解と鍛練と経験が必要なのは言うまでもありません。

動画はその疾患や処置をイメージするのには非常に有用です。。

しかし、これを見て、すぐに出来るとは勘違いしないでください。。お願いします。。

私はこの業界がいい方向に向かって欲しいという一心で

ブログを更新してきました(マメではないですが)。

しかし、ある先生から本当に有難いご指摘をいただきました。

動画や処置を公開して、みんなができるわけじゃない。。出来るつもりになられるのが最も恐い。

おっしゃる通りです。皆さんの勉強方式は「How to」方式です。

この疾患には この方法・・「第一操作 何々」「第二操作 何々」的な勉強ですよね??

その勉強方法では、イレギュラーには対応できませんし、考えることができません。

学校で教鞭をとっている時も感じます。なにも考えず、操作の手順を覚えているな~と。

私もその中の一人だったので、多くの患者を傷つけたかもしれません!

多くの失敗を経験しました。かっこ悪いことも一度や二度ではありません。いまだにです・・・。

みなさんには早くそれに気づき、無駄な失敗は経験せず(無駄ではなかったですが)

考える勉強をして欲しいと思うのです。

私の中では、「構造医学」という考え方・実践論が大きく影響しています。

そのおかげで、いろいろなことを考えるようになりました。

まだまだ、答えの見えないことだらけですが、だから一生「勉強」なのでしょうね。

いろいろな疾患名を覚えて満足するのではなく、、

患者をありのままに診て、周辺に存在する様々な事象を考慮して処置をする勉強を、

私たちは日々行っているのです。

また近々動画などを公開します。

そのあたりのことを、よ~く考えて参考になさってくださいね。

みんなで「ほねつぎ」の明日を創りましょう!!

○京都衛生専門学校 オープンキャンパスのお知らせ
  8月3日(日) 10:00~
   体験授業  担当:骨じい
          テーマ:外反母趾のテーピング

                      外反母趾


<今日のお勧め>

ほねおり・ほねつぎが教えるものほねおり・ほねつぎが教えるもの
(1999/03)
河田 毅

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ : 国家資格 柔道整復師

ジャンル : 学校・教育

タグ : 柔整師 整復 柔道整復師 骨折 脱臼
コメント
No:318|管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/01/31 21:45|by -| |編集
No:64|No title
骨太先生、コメントありがとうございます。
そうですね!
勉強した上に、考えるという作業がないと、自分のものになりません。
お互い頑張りましょう!!
2008/07/30 13:53|by 骨じい|骨じい URL編集
No:63|No title
動画や処置を公開して、みんなができるわけじゃない。。出来るつもりになられるのが最も恐い。
私もつもりになってしまっていて、肩の脱臼を失敗してしまった事がありますv-404整復動作だけを覚えていたので、なぜその操作をするのか?という事を理解していませんでした。やっぱり自分で考えると言う事は難しいですが、とても大事ですよねv-354
2008/07/29 22:34|by 骨太|骨太 URL編集
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

震災関連リンク
「東北関東大震災」支援クリック募金
プロフィール

骨じい

Author:骨じい
中山 辰也 44歳
中山予防医学研究所
ほねつぎ実践中山塾主宰
健柔グループ理事

現代の過剰診療に危機感を覚え、「病院へは行かない」・「お薬は飲まない」を実践しています。いたって健康!

セルフメディケーションを目指しています。

極端に言えば、救急医療を除いては、もしかして医療の大部分は必要ないかもしれない!?

そうすれば救急医療が守られるかも。。。

なんて考えている変った柔道整復師です。

冬はスキー場の救護所でケガ人の応急対応を行っています。

現在外傷処置の修業中です。

目指すは「ほねつぎ復興」そして「赤髭」。

気軽にご意見・ご指摘・メッセージいただければうれしく思います。

誹謗・中傷も大歓迎!

ただし正々堂々(実名)で、お待ちしております。

患者さんはhttp://nakayama-sekkotsu.com/をご覧ください。

QRコード
QR
FC2ブックマーク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ全記事表示
リンク


日本最大級の医療専門サイト
ネパールに野球を! 「ラリグラスの会」
FC2カウンター
FC2カウンター~現在~
現在の閲覧者数:
ブログランキング
TREview

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。