目指すは「ほねつぎ復興」・「赤髭先生」です!
--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015.01.31
先日のブログでご紹介した膝を負傷された方、、

後十字靭帯損傷でした。

sag signだけでは後十字とは判断できませんが、

十字靭帯損傷を強く示唆しています。

写真をみるとsagの意味がよく理解できますね。

本日も膝の靭帯損傷が3件ありました。

image.jpg image_1.jpg

20150131141432ef3.jpg 2015013114153932e.jpg


機能回復、お手伝いさせて頂きます!!

2015.01.31
救護所へ到着すると既に2名の負傷者。

膝の靭帯損傷と頭部打撲。

膝はいつものごとく、最小限の力で検査。

内側側副靭帯損傷と前十字靭帯損傷の疑い。

晒包帯2列にてサポートして歩行できる事を確認して

下山して頂きました。

頭部打撲の方は、負傷時の部分的な記憶が飛んでいます。

嘔気もなく状態は良好ですので、しばらく頭部の局所冷却で

※局所冷却はこちらを参考に⇨フィジークマガジン003

様子を見ています。

2015013110393726b.jpg

その後も頭部の割創、膝の靭帯損傷と続きました。

20150131114538982.jpg


現在は強風でリフトが一時停止しています。

これから、平和な救護所になりそうです。

テーマ : 医療・病気・治療

ジャンル : 心と身体

タグ : 柔整師 骨折 整復 ほねつぎ 中山塾 脱臼 柔道整復師 整骨院 ケガ 筋肉ドクター
2015.01.25
20150125153237637.jpg

今日は天気も良く絶好のスキー日和ですが、雪が少々固め。

視界が良く雪面が硬いときは、怪我が多発します。

その予測通り怪我が多発した一日でした。

上腕骨骨折からはじまり、

201501251536054d9.jpg


膝の靭帯損傷、切創、頭部打撲、手の打撲、足関節捻挫、骨盤部の打撲ete...

20150125153647061.jpg

20150125153734517.jpg

20150125153514dc6.jpg


素早い診立てと処置はいつまでたっても難しく課題を沢山頂きます。

あと残り1時間半。

気を引き締めて頑張ります。

テーマ : 医療・病気・治療

ジャンル : 心と身体

タグ : 柔整師 骨折 整復 ほねつぎ 中山塾 柔道整復師 脱臼 整骨院 ケガ 筋肉ドクター
2015.01.24
本日は朝より救護所活動です。

天気もよく気持ちの良いゲレンデです。

今日は、前腕下端部の不全骨折や膝の靭帯損傷がありました。

前腕下端部の不全骨折は写真のように、長拇指伸筋の腱鞘部分に血腫が出来ます。

image_3.jpg


転位のあるものでは、この血腫は出来ません。

この部分に血腫があれば十中八九、周辺に骨折があると思ってください。

そして膝の損傷は、回旋によるものです。

内側側副靭帯と前十字靭帯の損傷が疑われましたので、医療機関での

精査をお勧めしました。

まずは、外反の動揺性を調べるわけですが、慎重に行うことが必要です。

専門学校等では、かなり荒い検査を教えているようですが、検査による二次損傷

を考慮した検査を心がけるべきです。

健側の動揺性をまずは確認し、患側の検査に移るのですが、

健側の動揺性を確認しているわけですから、同等の可動性位置でロック感が

感じられないのであれば、不安定性ありと判断すればよいのです。

それをどこまで行くか・・・なんて損傷部分へ応力集中し二次損傷を起こしかねませんからね。

気をつけて行いましょう。

写真のようにsagサインが出ています。(一番下の写真が患側右膝です)

十字靭帯の損傷が示唆されます。

image_2.jpg
image.jpg
image_1.jpg


晒で安定性を確保して、自力で歩行し病院へ向かって頂きました。

それでは、明日も引き続き内弟子田岡君と救護所活動頑張ります。

ほねつぎ復興!!

テーマ : 医療・病気・治療

ジャンル : 心と身体

タグ : 柔整師 骨折 整復 ほねつぎ 中山塾 脱臼 柔道整復師 整骨院 ケガ 筋肉ドクター
2015.01.08
ホント久しぶりの更新です。

今年も、救護所の季節がやってきました。

例年通り実践塾を行いますが、その前にちょうど先ほど

膝のロッキングがありましたので、写真のみアップしておきますね。

ロッキングのメカニズムを再考するのも良いかもしれません。

私達ほねつぎはケガのエキスパートです。

膝ロッキング


まだまだ「ほねつぎ復興」は消えていませんよV(^_^)V

それでは日程は以下の通りです。

《日時》
①1月24日(土)~ 25日(日)
②1月31日(土)~2月1日(日)

③2月7日(土)~8日(日)
④2月14日(土)~15日(日)
⑤2月21日(土)~22日(日)
⑥2月28日(土)
⑦3月1日(日)
⑧3月7日(土)
⑨3月8日(日)
⑩3月14日(土)
⑪3月15日(日)
⑫3月21日(土・祝) ※単発(1日)のみ

《場所》 滋賀県内のスキー場

《申込》 下記アドレスへメールにて必ず件名に「救護所2015」と記入し、以下の項目をお送りください。
bonesetter2011@gmail.com

☆お名前

☆mailアドレス

☆携帯電話番号

☆希望日時

《費用》(材料費込み)
①2日連続受講(1泊2日)・・・¥54,000
②単発受講・・・¥32,400

テーマ : 医療・病気・治療

ジャンル : 心と身体

タグ : 中山塾 脱臼 骨折 柔整師 整復 柔道整復師 整骨院 筋肉ドクター
2015.01.03
2015年の救護所活動が始まりました!

元旦は強風のためスキー場が営業できず中止。

2日は元旦からの大雪で、大渋滞で救護所にとうちしたのが

なんと、午後3時 …>_<…

本日は何とか朝から上がる事が出来ました。

ケガは前腕の骨折など、まだまだ少ないですが、発生しております。

今日は救護所終了後に大阪へ戻り、下腿後面の筋断裂を処置しました。

いつも通り、特に固定は行わずに軟部組織の機能的、解剖的整復を

目指して処置をしております。

本年も、救護所・自院ともにしっかりと気合いを入れて診療に臨みます。

「ほねつぎ復興!」

テーマ : 医療・病気・治療

ジャンル : 心と身体

タグ : 柔整師 骨折 ほねつぎ 整復 中山塾 脱臼 柔道整復師 整骨院 ケガ 筋肉ドクター
2014.03.02
本日は救護所に詰めております。

気分的にはなんだか久しぶりの感じです。

雪のコンディションは徐々に春を予感させます。

今日は6名の負傷者があり、うち骨折は1名。

前腕遠位端骨折です。

転位は大きくはないものの、背屈転位が軽度存在しましたので、

愛護的に整復。

三度の軋轢音を感じました。

整復状態は良好。

プライトンの背側副子で固定しました。

救護所活動もいよいよ終わりが近づいてきました。

しっかりと集中して活動していきたいと思います。

ほねつぎ復興!!

3/2colles2


3/2colles1

テーマ : 医療・病気・治療

ジャンル : 心と身体

タグ : 柔整師 柔道整復師 中山塾 筋肉ドクター 骨折 脱臼 ほねつぎ
2014.02.23
今日は久々に毒をはきます(^O^)

長いです。

昨日は教員に限定した実践塾でした。

2名限定で募集しましたが、

事情で1名が不参加となり

兵庫柔整のM先生が参加されました。

M先生は実直で

医療にも生徒に対しても

真摯に向き合う先生です。

また以前より救護所での実践塾はもとより

スキー場オフシーズンの中山塾にも

何度となく参加頂いています。

そして昨日発生した骨折・脱臼は3件。

鎖骨骨折

肩関節脱臼

前腕遠位端骨折

鎖骨骨折は研修でレクチャーしていない為、

処置の一例を見て頂きました。

その後は肩関節脱臼、前腕遠位端骨折とも

落ち着いた判断と整復、固定、

その後の経過予測まで完璧でした。

M先生に教わる事の出来る生徒は

幸せだと感じました。

後進の指導には、知識だけではない

経験に裏付けされた数々のエキスが

必須です。

専門学校は国家資格を取らせばいい。

よく教員の方々から聞かれる驚く言葉ですが、

大阪弁で言わせて頂くなら

「アホか!!」

です。

そんな国家資格者はいらないのです。

もっと言えば

あなたのような教員はいらないのです。

そんな資格者が増えるメリットが、

患者・国家・医療・柔整業界に対して

あると思っているのかなぁ?

もっと真面目にやって欲しいものです。

正直に言います。

以後、そのような先生に学んだ

頭でっかちの柔整師の必要性はもうありません。

残念ながら。

私が学ばせて頂いた頃の専門学校には

スーパー柔整師が沢山おられました。

そこがほねつぎ復興にも重要な

ポイントだと考え今回初めて

教員限定研修を行いました。

M先生には本日お一人で救護所に詰めて

頂きます。

昨日、M先生の眼には

今までにない自信に溢れたものを

感じました。

以上、上から目線で話しましたが(笑)

ご意見、誹謗中傷はどしどしと!

ただしプロフィールにもありますが、

堂々とお願いしますね。。

訳のわからないニックネームには

吐き気がしますので(笑)


ほねつぎ復興!
2014.02.22
橈骨遠位端骨折。

転位は僅かなので、背屈転位の整復と

可能な限り機能的な固定を心がけます。

こちらもM先生に整復・固定を行なっていただきました。

ご参考に。

ほねつぎ復興!!

zenwan1


zenwan2

テーマ : 医療・病気・治療

ジャンル : 心と身体

タグ : 柔整師 ほねつぎ 柔道整復師 中山塾 骨折 整復 脱臼 整骨院 ケガ
2014.02.22
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
震災関連リンク
「東北関東大震災」支援クリック募金
プロフィール

骨じい

Author:骨じい
中山 辰也 44歳
中山予防医学研究所
ほねつぎ実践中山塾主宰
健柔グループ理事

現代の過剰診療に危機感を覚え、「病院へは行かない」・「お薬は飲まない」を実践しています。いたって健康!

セルフメディケーションを目指しています。

極端に言えば、救急医療を除いては、もしかして医療の大部分は必要ないかもしれない!?

そうすれば救急医療が守られるかも。。。

なんて考えている変った柔道整復師です。

冬はスキー場の救護所でケガ人の応急対応を行っています。

現在外傷処置の修業中です。

目指すは「ほねつぎ復興」そして「赤髭」。

気軽にご意見・ご指摘・メッセージいただければうれしく思います。

誹謗・中傷も大歓迎!

ただし正々堂々(実名)で、お待ちしております。

患者さんはhttp://nakayama-sekkotsu.com/をご覧ください。

QRコード
QR
FC2ブックマーク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ全記事表示
リンク


日本最大級の医療専門サイト
ネパールに野球を! 「ラリグラスの会」
FC2カウンター
FC2カウンター~現在~
現在の閲覧者数:
ブログランキング
TREview

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。